4年前のビジョンを叶えてくれた3人との出会いに感謝。。。

新生児科の部長になって1年経った時に
自分がみんなと目指したいNICUのことを講演しました4年前に
講演しました。


自分自身、ビジョンを忘れず、4年間過ごしていたか、
自分の中で節目と思っていた5年目が今年度だけどどれくらい
達成できているかを自戒したいと思えて読み返していた昨日でした。

屋形船以外は取り組み続けているのですが
共に検証してくださればと思えます。

上記の中で


柴崎先生以降、
10年以上いなかったジュニアレジデント(小児科後期研修医)
からの新生児科スタッフを志すNICUをみんなで目指したいという目標は




稲垣・勝又・江原先生の3人のおかげで叶えてもらったと
思えていました。 

忙しいことを小児科研修で一度体験しているけど
それでもNICUで働きたいと思ってくれる院内からの
専門研修医志望者がいることは診療科の雰囲気が反映している
部分かなと思えます。

院内の小児科医が新生児科になりたい
という人が定期的に現れることはチームにとって
目標にしたいと思えていました。

過去20年で2名だったのが5年間で3名というのは
チームとして目標達成していると思っていいかなと感じます。


メディカルクラークさんは患者家族と地域の人たち、半々の
融合がいいといっているようにNICU研修は
院内の自前の新生児科医と他院NICU経験者の新生児科医が
半々くらいで融合することがチームとして一番、成長が早くなる
ように思えていました。


その願いが叶いつつある今年かなあと
思えています。




2年間の新生児科研修を終えた稲垣先生と勝又先生の
3年目、それぞれチームの柱になってくれています。


神奈川こどもの新生児科・産科・循環器科をそれぞれ
研修した上で新生児科医になった稲垣先生は
心疾患の胎児診断が盛んで、循環管理で脳室内出血などを
防ぎたいというNICU循環管理の文化を継承し未来を
考えていく存在になってくれると思えていますし、

勝又先生は既卒医学部卒で子育てしながら後期研修
で2回、NICU研修してくれる中で
赤ちゃんのために働きたい、新生児科医になりたい
と志してくれました。ご家族の応援もあって
この2年間の新生児研修を終え、担当した
患者さんの数は一番診ていた勝又先生でした。

2年間で自分の予想を超えて
頼もしくなってくれた嬉しい存在です。


の編集・校正を一緒にやってくれた勝又先生、
新生児医療の病態生理を身につけるきっかけにしてくれたと
思えています。2年間で、マニュアル的な新生児科医でなく
自分で考えようとする新生児科医に成長してくれている
気がします。言われたことをやっている新生児科医は
成長は止まるけど、考えるくせをつければ自己改善は
きっと続くと信じています。

ジュニアレジデントの指導医を今年は勝又先生に
託しましたが、TEACHING IS LEARNINGで
学んで欲しいという気持ちがありました。
ジュニアレジデントの西條先生と江原先生と

の輪読会をしている光景に感動していた先週です。


そして、江原先生。

林先生と共にはじめてあったのは

その後、
神奈川こどもNICUで研修したいと九州からジュニアレジデントに
なってくれた江原先生、そういう先生が初心を持って
新生児科研修を始めてくれたのが自分たちのNICUに
失望せず、新しい夢をもって専門研修医になってくれて
嬉しいと思えます。

自分自身
のレジデント時代に似ているところが
あるように思える江原先生。

回診や診療中に何か伝えるとメモをしっかりとって
忘れずやろうという意識をジュニア時代以上に
責任感を感じますし、


病院全体の新人歓迎昼食会で


失敗しないようにしたいけど
一度失敗したらそのことは2度はしない医師になりたい
という初心表明を頼もしく感じました。



こういう気持ちで春を迎えた江原先生が
くじけず、謙虚な気持ちを持ちつつ、研修し続けられる
NICUをみんなで目指せたらと思えます。


本日もみなさま、それぞれにお疲れ様でした。
明日もそれぞれの場所でそれぞれの役目を頑張りながら
生きて生きましょう。

ご意見ご感想などお寄せくだされば幸いです。




https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;" target="_blank">


下記、引き続きみなさまよろしくお願いいたします。



追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  
 




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.