映画「うまれる」シリーズ豪田トモ監督の小説「オネエ産婦人科 」に感動

本日、以下の小説を電車の中で読み終えました。
電車の中で涙が湧いてきてそれを隠す小説終盤でした。



という小説です。このブログに心寄せてくださる
皆様にもお勧めできたらと思えました。

上記、本のタイトルをクリックするとAmazonに飛びます。
その本の内容紹介は以下です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「主人公は、人とのコミュニケーションが苦手だが、「胎児の声が聴こえる」という特殊能力をもった産婦人科医師・橘継生(32歳)。勤めていた総合病院で、担当患者が“産後うつ"で自殺してしまったことをきっかけに、バーンアウトしてしまう。
心機一転、地方の小さなクリニック・尾音産婦人科でやり直すことになったものの、そこは、人情味溢れる「オネエ」の助産師や筋肉マニアでノリの良いゲイの院長、とても男性だったとは思えない美人心理士など、様々なジェンダーかつ強烈で愛すべき個性をもった人たちが働いているクリニックだった。
思いもよらない環境にショックを受ける継生だったが、自分の中に無意識にもっていた偏見に向き合いながらも、自身が抱えたトラウマを乗り越え、医師として、人間として成長していく……。そんな、たくさん笑えて、ホロリと泣ける“命と家族の物語"。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


などでこども医療センターにご訪問下さった
映画「うまれる」シリーズの豪田トモ監督の初小説です。


自分の感想を以下に書かせていただきます。

大変、素敵な小説でした。映画監督の豪田トモさんの初小説だけあって
映像が頭に浮かんでくる文章に思いましたし、
漫画「コウノドリ」の鈴ノ木ユウ先生が
人物設定のイラストも挿絵で描かれていて、
コウノドリにも通じる<妊娠・出産>
を題材としてそれぞれの人生への人間賛歌に思える小説でした。

新しい命が生まれようとする現場に集う人々、
「生きづらさ」を感じながら生きてきた妊婦さん家族や
医療スタッフも自分の人生や親子関係を見直すきっかけになります。

セクシャルマイノリティーのスタッフで運営される産婦人科という
設定は現実離れと思われるかもしれませんが、その中で描かれるのは
無事に生まれてくるのが当たり前ではない、全ての誕生に実は
奇跡やご家族それぞれの物語があるという「生命の誕生」
を丁寧に登場人物それぞれの想いを込めて描かれている小説だと
思えます。

臨床心理士さんの役割の大切さなども描かれていますね。


「何が普通で、何が普通じゃないのか、垣根に向き合わざるを得なかった
LGBTのスタッフだからこそ、他人の苦しみに心寄せられる、それは
医療者にとって大事な資質を身につけている人かもしれない」
という作中の院長の言葉、その通りに思える産婦人科の
スタッフの妊婦さんご家族への優しい視線を素敵に思えました。

周産期医療に関わったご家族も医療スタッフもそれぞれに
共感する部分がある心励まされる小説だと思いますし、
研修医、若手看護師さん、医療系学生にも読んでもらって
NICUで感想の交換しながら仕事できたらと思いました。

「人間は誰でも幸せになるために生まれてくる」
それを支えるのが周産期医療ということを
改めて気づかせてくれる素敵な小説でした。

映像化や続編期待です。



多くの方にお読みいただければ自分も嬉しいです。

本日も皆様、それぞれにお疲れさまでした。
週末もそれぞれによりよい週末であることを願っています。

下記、引き続きみなさまよろしくお願いいたします。



追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  
 




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.