スクラップアンドビルト:破壊するから創造できる



NICU看護師さんは他病棟に異動したり、
増床までの間、移籍しているメンバーが多いです。

その中で9月のリニューアルオープンに向けて
NICU看護師さんが新たに21名合流してくれる4月です。

看護学校を卒業したばかりの新人さんが12名、
そして他の病院からの移籍の看護師さんが9名ということです。

看護学校卒業したてのメンバーに先立って
まずは他の病院から移籍の経験のある看護師さんたちが
合流してくれた今週です。



3人に1人が新メンバーに当たる状況で
診療しながら、働き方の伝達・教育などをしてくれている
残留メンバーです。

今、様々な病棟に
散っているメンバーの留守を守りながら新メンバーの
サポートをしてくれている看護師さん達にも感謝の春です。



そして、8年ぶりに復帰してくれた看護師さんとの
再会も嬉しいことでした。

それぞれの人生があって一旦離れざるを得ないことも
あるのがNICU。

その中で
復帰してくれるメンバーも多いのが自分たちの
NICUだとも思えます。新しくなったNICUで再び
働けることを嬉しく思えました。


不在中の病棟や診療やチームの変化を気づいてもらいつつ、
慣れたところで離れていたからこそ
見えることや気づくことをチームに伝えてくれたらと
思えます。


忙しい中でも赤ちゃんたちの可愛らしさをしっかり見えて、
讃えている2年目になる看護師さん達も無事にやめずに
1年間終えて先輩になってくれたことを讃えたい春です。

旧病棟の最後を体感しつつ、新しいNICUの柱になってくれる
存在に成長していってくれたらと思えます。



今週から合流してくれた他病院から移籍してくださった
NICU経験がある看護師さんや助産師さんたちも
多いそうで心強い限りです。



NICUで働きたいという志望者が多く、皆が
希望を通らなかったとお聞きしました。希望が
叶った皆様には通らなかった人達もいることを感じながら
新しい生活をスタート切ってくださればと思います。

希望が通らなかった皆様もNICU以外の
こども医療センターを学ぶのが先になったと
思っていただき、その場所で気づきを得た上で、
いつかNICUに異動してくださればと願っています。

医師でも看護師でもNICU経験のある新入職者の皆様に
いつも伝えていることがあります。

経験がある分、文化の違いや人間関係ができるまでは
前の施設と同じようには働けないことにジレンマを感じたり、
適応障害を感じる人達もいるのがNICUの移籍だと
思います。

移籍しようと思えた気持ちを大切に
再出発をしていただけたら、違うところや足らないところを
注目したり、前の施設を懐かしむのではなく、新しい場所で
新しい自分に変われる機会と最初を乗り越えてくれたらと
願っています。

お互いの相互理解や信頼関係が出来たのちに、必ずそれぞれの以前の
経験や技術が神奈川で活きる機会が来ると思います。
前のやり方に固執せず、外国旅行のようにどちらが
良い悪いというのでなく異文化、パラレルワールドを
生きる喜びを感じてもらえたらと思います。




新しい病棟の端の壁一枚先の

空っぽの会の後、工事に入った旧NICUです。

スクラップビルト、破壊から生まれ変わる
何かがあると思います。この場所でこれまで過ごした
多くのひとたちの想いを願いを受け継ぎつつ
新しいNICUに再生していく今です。



広大さに正直、怖くなったというか、この場所を
活かせる医療機器と人財の確保と育成と継続、そして
それを担保する資金が続くのかに危機感を抱きました。

でも、まずは本当に集まるのかと不安だったNICU
看護師さんは集まってくれたことに安堵しながら
秋に向かっていけたらと思います。

看護師さんは集まりましたが、医師はまだまだ欠員が
ある状況です。今年の春は誰もやめなかった、そして
新メンバーは内部昇格の江原先生のみで外部から
新メンバーはいなかった状況です。

この場所で働いてくれる仲間との出会いを
楽しみに工事の最終工期を乗り越えていけたらと思います。

本日も皆様、それぞれにお疲れさまでした。
週末もそれぞれによりよい週末であることを願っています。

下記、引き続きみなさまよろしくお願いいたします。



追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  
 




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.