NICU前にプロジェクションマッピング。。。

昨年の3月にNICUリニューアルオープンに向けての
ご寄附などを募らせていただきました。



の中でも報告しましたが、2月までに99名の皆様が
ご寄附してくださり心から感謝しています。財政難で妥協せず、
より良いNICUを作っていけたらと改めて思えています。

3月も8件の新生児科やNICUへの指定寄附をしてくださった
皆様がいることをお聞きして心励まされました。

スタッフの休息や就業環境の改善に使って欲しいという寄附の
使用目的の言葉にも感動しました。ありがとうございます。



<寄附への想い>19で止まっているのが少し残念で88名の方にも
ktoyoshima@kcmc.jpに<寄附への想い>をお寄せくだされば
心強いです。

寄附の使い道なども順次ご報告させていただきたいと
思います。

寄附へ診療報酬を得るための医療機器など以外で、お金が出づらい
ことに使わせていただけたらと思えています。
赤ちゃんとご家族の居心地のアメニティーの向上、
今は診療報酬を得られない未来に期待される医療機器購入の補助、
今はなくてもいいと言われるかもしれないけど、あったほうが
きっといいと思えるもの、そういうものにNICUの応援の寄附を
活かして現在・未来のNICUで過ごす赤ちゃん・ご家族・
働くスタッフを応援できたらと思って使い道を考えております。


医療機器として新しく導入した機会としては

昨年6月の研究会で埼玉医科大学総合医療センターの石黒先生の
長年取り組んで来たレーザードップラー皮膚血流量モニターの
活用法を教えてもらい、


デモでお借りして未来のNICU医療、低血圧ショックなどを
早めに気づけるモニターとなると確信して導入することしました。


エコーなどの人間がそばにいないとできない検査でなく、
モニタリングの向上で危機の察知をできる能力を高められたら
と思えてNICUに装備しました。寄附の補助があってこそ
導入できた医療機器です。

新しいNICUの入り口になる予定の場所に設置したのは

プロジェクトションマッピングでした。
経営企画課や工事関係者の皆様が導入に協力してくださり
日々、管理してくれています。

患者家族もスタッフも心疲れることがあるのがNICUで
そんな時に心の癒しになればと思えていました。








患者家族もスタッフも立ち止まって眺めてしまう
感じのプロジェクションマッピングになっています。


動画は色々ですし、自分たちでも今後活用できる
マッピングです。


NICU面会に飽きちゃったお兄ちゃんやお姉ちゃんの
ご機嫌直しの場所になればとも思いますし、


待ち時間のストレス緩和になればとも思います。

ご覧いただいた皆様にはご感想など
お伝えくだされば嬉しくも思えますし、
NICU卒業せのご家族には外来受診時に
お立ち寄りくださればと思えます。



NICU卒業生のお子さん達もそのご兄姉さん達も
子供達がこども医療センターに通う動機付けの1つになればと
思えています。

患者家族もスタッフも同じことの繰り返しに思える
日々になった時に病院にいても季節を感じられる場所が
少しでも増えたらと思えていました。


プロジェクトションマッピングもご寄附のお金が
あるこそ導入できたものだと思えています。

なくてもいいと言う人がいるかもしれないけど、
集中治療の必要性や効率性だけで
NICUを立て替えてはいけない、
心の支えみたいな部分に予算はつきづらいけど
そういう部分を応援してくださる皆様の
ご寄附でよりよくしていけたらと思って
いましたので、
スライドプロジェクションを見るたびにご寄付の皆様に改めて
感謝でした。


9月1日リニューアルオープンに向けて順次完成した場所が
できていますが、

次に完成予定の場所は


患者家族の休憩場所や


子供達のプレイコーナーです。以前、産科外来前に
あったような場所をリニューアルで完成したいと思えています。
この部分のアメニティーにご寄附のお金を使わせていただきます。

本日も皆様、それぞれにお疲れさまでした。
週末もそれぞれによりよい週末であることを願っています。

下記、引き続きみなさまよろしくお願いいたします。



追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  
 




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.