NICU引越しの夜。。。


NICUの移動の日を共に見届けてくれた今年度、
仲間に加わってくれた谷山先生と林先生のコンビ。

「居ながら工事」の最中だけどその中でも
働きたいと言ってくれた心強い存在。その中で
1年間、新生児科医として頼もしくなってくれて居ます。


26年前の引越しを林先生や谷山先生に語り継いでくれる
医師が4名、看護師が2名います。

自分は次の引越しがあってもきっとその場には
居ないだろうけど、今いるメンバーが
次の引越しがあるとしたら今回の引越しを語り継いでくれたらと
思う引越し前夜でした。


旧NICUから患者さん、一人ずつ順番に



仮設NICU(新GCU)に移動した日。


無事に引越しを終えた拍手。

新しい場所での新生児病棟の始まりの日でした。


自分の中での悲願だった窓を開閉したい、昼間は自然光を入れたい
という構想で窓際に多くの病床があります。

撮影協力した
「コウノドリ」のペルソナ医療センターの撮影セットの灯りに感化され、
オマージュした気がする新病棟です。

 ペルソナNICUのような光環境を
現実にできたらと思って居ました。

光線療法はNICU看護師さんが窓際にいる赤ちゃんは
黄疸が軽いという観察から見つかった治療です。光線療法
や未熟児くる病の治療薬を赤ちゃんにあげるだけでなく、
陽の光に当たれることで治療を減らせたらとも思えて
光を意識した病棟構造になりました。


NICUにいても自然光を赤ちゃんにもご家族にも感じてもらえたらと
思います。


新しい病棟を喜んでくれるスタッフの笑顔にホッとする
自分です。スタッフも働きやすい空間にできたらと思っていました。


夜の病棟です。夕方は1時間かけてだんだん暗くなる病棟、朝は
1時間変えてだんだん明るくなる光照明にしています。
その初めての夜です。

数日後に旧病棟から移動した入院患者家族の方に、
旧に電気が消して夜になるより、寝つきがいい気がする
という感想を伝えてもらって嬉しく思えました。


慣れるまでは皆、大変とは思うつつ、
新しい場所だからこそ新しいスタートをみんなで切れたらと
思えています。


無事に引越しした当日の夜、引越し祝いと
新しいNICUの前途を皆で語り合う時間。


3人欠員だったこの1年でしたが、今いる
メンバーの明るさと前向きさに感謝を感じました。

メンバーそれぞれの存在に自分が心支えられて居ました。


引越し祝いの会と称しつつ、NICU改築の中心になってくれた
斎藤先生への感謝の生誕祭、後輩達とお店からのサプライズな
プレゼントもありでした。


当直メンバーしてくれたメンバーも含め、誰一人欠けても
ここまで来れなかったように思える今年度であり、
それぞれとの出会いを大切に想う
引越しの日の夜の宴でした。


桜の名所の地元商店街を歩く夜。

明るくて前向きに働ける仲間が来ることを信じつつ、後5ヶ月の
工事に向き合えたらと思います。

ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。

本日も皆様、それぞれにお疲れさまでした。
週末もそれぞれによりよい週末であることを願っています。

下記、引き続きみなさまよろしくお願いいたします。



追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  
 




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
かほ  
No title

いつもブログ読ませて頂いています。私は看護師で入職から2年GCUで働いています。まったく希望ではない分野でしたが働いてうちにもっともっと勉強したい、NICUで働きたいと思っていました。そんな中でふとTwitterで見かけたブログをいつも読んでいましたがこんな素敵は設備、しっかりと向き合われている先生方の姿が素敵だなと、私もこのような環境で働いてみたいと思うくらいです勇気が無くてコメントしたことはありませんでしたが…引っ越し大変だったと思います、お疲れ様でした!

NICUサポートプロジェクト  
No title

> かほさん、引越しに勇気を出してメッセージくださり心温かく感じました。いつも読んでくださるということ嬉しく感じました。今後ともメッセージお寄せくだされば嬉しいです。お互いに頑張りましょう。