「LITTLE LIFE ~小さき花の詩」と「上を向いて歩こう」:NICU「空っぽの会」の報告(その10)


のニュース動画、ご覧いただいていない方は是非
ご覧いただければ、拡散いただければと思います。


その上で、このブログの節目にも感じている
「空っぽの会」の報告をその10です。


空っぽの会のコンサートの最後は
レ・フレール斎藤守也さんのピアノコンサートでした。


守也さん、この場所で家族で過ごした8650の入院家族の1人として
この場所で、NICUの閉鎖の時にピアノを弾けることが嬉しく感じます。
とご自身の経験をお伝えしてくださいつつ、
ピアノミニコンサートをしてくださいました。

こども医療センター、NICUを応援し続けてくださっている
守也さんの存在に感謝でした。


季節の曲、ディズニーの曲、レ・フレール・守也さんソロの
オリジナルの曲、いろいろ考えて
選曲してくださったことがよくわかりました。


はるとくん、外来フロアでコンサートだった時と同じように
守也さんの真横で鍵盤の上の指の動きをじっとみていましたね。

NICUで過ごす赤ちゃんたちへ捧げる曲に思える
守也さんのソロのオリジナル曲
 "LITTLE LIFE ~小さき花の詩"をNICU閉鎖の日に
聞ける喜びを感じていました。


コンサートに参加してくれていた


多くのお子さんとご家族と守也さんのピアノの中で
NICUの最後を共に過ごせることの心温かさを感じていました。


NICU卒業生で生まれた日に大手術をしたもえちゃん、
支援学校の先生になる夢をもって大学受験に合格して
報告にきてくれていました。自分の後輩のこどもたちと過ごしながら
自分の夢のカタチがより具体化してくれたらと思えていました。



On y va!
は自分もよく聞いいている「さあ、行こう」という
意味の曲ですね。

そして、最後の曲に選んでくれた曲が

「上を向いて歩こう」
これはNICU卒業で今を生きるこどもたちとご家族にも
天に還ったお子さんとご家族にもそれぞれにエールなんだと思えた

このブログと共に生きてくださる守也さんだからこその曲に思えて
応援歌であり、鎮魂歌にも思えて感動していました。

自分も天に先に還った人たちの応援を感じながら
下を向かず、上を向いて生きていきたいと改めて思えました。

コンサートの後もNICU卒業生のこどもたちに
ピアノの楽しさを伝えてくれていた守也さんですね。

コンサートだけでなく、守也さんの
ピアノ教室的な時間。。。



こどもたちとの即興的なピアノ演奏に


輪が大きくなっていたコンサート後でしたね。


こういう時間の共有の意味をすごく感じた光景でした。

忙しい中、ボランティアでこのコンサートを快諾してくださった
守也さんのご好意とNICU卒業生ご家族として、
同志と思える子供達への気持ちに心から
感謝でした。

ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。

本日も皆様、それぞれにお疲れさまでした。
週末もそれぞれによりよい週末であることを願っています。

下記、引き続きみなさまよろしくお願いいたします。



追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。



ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  
 




https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">




https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">



https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;" target="_blank">
https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 3

There are no comments yet.
はるとママ  
No title

豊島先生はじめ空っぽの会を企画運営してくださった皆様、先日はありがとうございました。
何年も前に退院したNICUを見守り続けている家族がこれ程までにいるのかと、大盛況の会場で心温かくなりました。
たくさんの飾られた写真の中に、一緒に頑張っていたお友達やこのブログを通じて勝手に応援しているお子さん達の笑顔を見つけ、久しぶりのご家族とも再開でき、空っぽではあるけれど本当に温かく笑顔溢れる空間だと感じました。
あの静かだったNICUの中で音楽を聴かせて頂くのはとても特別な経験でした。
音楽は、頑張っている赤ちゃんやそれを見守るご家族を癒したり、スタッフの皆さんをリラックスさせたり、感動したり…。素敵な気持ちにさせてくれますね。
はるとには夢を与えてくださいました。
守也さんの演奏を今回も穴が開くほど見つめていたはるとですが、演奏後「ぼくの夢はピアニストです!」と自分の意思で守也さんにお伝えしたんです。
続きます

はるとママ  
No title

続きです
すると2年前にも同じように見つめていた事を覚えていて下さったので、あの日ハートをズキューンと撃ち抜かれてからピアノに夢中になり、今では1年生の合唱のピアノ伴奏者をしている事をお話したところ、「何か一緒に弾こうか♪」と誘って下さって。
耳コピした曲はたくさんあるのですがそれでは失礼なので、唯一のきちんとしたレパートリーの合唱のJump!という曲を弾きました。
マイナーな曲にも関わらず、そこはさすがですね!本当に素敵なアレンジをしてくださり、その時のはるとの顔が忘れられません。
2年前には夢を与えてくださって、先日その夢はさらに大きく膨らみました。
いつかまたこんな奇跡が起きるかも…と淡い淡い期待を胸にメジャーな曲覚えたらいいですね。
それにしても先生や看護師さん、音楽をされている方が多く、楽しそうに演奏する姿にこちらも笑顔になりました。
いつかはるとも、そちら側で誰かを笑顔にできたらいいなと思いました。
これからもNICUでがんばる赤ちゃん達や新しいNICUを応援させてください。
豊島先生お忙しいと思いますがどうかご自愛くださいね。

NICUサポートプロジェクト  
No title

> はるとママさん、空っぽの会への素敵な感想ありがとうございました。
「ぼくの夢はピアニストです!」というはるとくんのこれからを応援しています。