NICUの有終を讃えにきてくれた再会の笑顔:NICU「空っぽの会」の報告(その8)

「空っぽの会」の報告を続けます。その8です。




にも登場していた
462gと602gで生まれたふみやくんとふみとくん。


村田さんコーナーでNICU野球親睦会に登場している
当時の写真をお姉ちゃんも含めみていましたね。


村田さんがNICU訪問したときの
ふみとくんのとまどいの写真を想い出していました。


先の見えない長期入院だった頃を思い出しながら
当時は自分も想像できなかったご家族の<未来>が今なんだと思えていました。


450gで生まれ、NICU野球親睦会の常連になり、
栃木での引退試合もきてくれていたいろはくん。


親睦会の案内ボードもいろはくんご家族が作ってくれたものです。


https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
の球場でも


一緒に村田選手の引退を
見届けました。



すっかりお兄ちゃんになったいろはくん、
NICUの有終にもきてくれて心温かく感じました。



https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;" target="_blank">

で東日本大震災の時に、
斎藤先生が必死に抑えている保育器の中に
いた男の子です。地震の直前に手術を終えて
NICUに戻ってきたところで大きな地震がきた
の前半3回に登場してくれていたるいくんご家族です。


るいくんもきてくれていましたね。

自分の様々な記憶はその時にNICUで過ごした
お子さんたち、ご家族、スタッフとの時間にあるなと
改めて思えました。


当時の受け持ちの斎藤先生と看護師さんに
再会を喜ばれ照れくさそうなのは

東日本大震災の時に計画停電の中で
長時間の手術をした


地震の後で日本自体も先が見えないような時期に
それでも目の前の命に向き合っていたスタッフが
守りたかった未来が今で、その未来がNICUの
最後の日にたくさんきてくれて、閉鎖するNICUも
嬉しいだろうなと思えていました。


26年間で8650の赤ちゃんの命の物語、ご家族やスタッフの
想いが詰まったNICUの閉鎖を皆でシェアした時間でした。。。

ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。

本日も皆様、それぞれにお疲れさまでした。
週末もそれぞれによりよい週末であることを願っています。

下記、引き続きみなさまよろしくお願いいたします。




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 5

There are no comments yet.
るい母  
No title

空っぽの会、お忙しい毎日の中でご準備下さり、改めて心にこの場、あの時、そして今を刻む機会を作っていただき、本当にありがとうございました。名前のごとく、がらんとした何だか淋しさつのる空間を想像していましたが、訪れてびっくり、温かさに溢れていました。入院中の写真を時々眺めていた琉以も、なじみの看護師さん、先生、お友達もいて、すんなり入ることができました。モニターのアラーム音、呼吸器音 、見つめた壁、扉、それぞれの部屋でのたくさんのことが鮮明に思い出され胸がいっぱいでした。8年たった今、家族揃ってここに笑顔で帰ってくることができ、空っぽの会で楽しい思い出が加わり、Nっ子家族として最高の記念になりました。先生方の楽しい素敵な演奏に誘われ、いつもなら照れて絶対に前にでない琉以がおどる姿に、何だかやっぱり琉以にとっても特別な場所なんだなぁと思いました。齊藤先生や柴崎先生の演奏に大喜びでした。

るい母  
No title

(続きです)職場の修学旅行に2年連続で同行してくださり、とてもお世話になった岡野先生にもお会いでき、素敵な歌声聞かせていただけて嬉しかったです。色々悩みは尽きない毎日ですが、また前に進む元気をいただきました。そして新しいNICUも新しい赤ちゃん、ご家族にとってかけがえのないものになっていくだろうなぁと想像しています。これからもずっと応援しています。

NICUサポートプロジェクト  
No title

> るい母さん、ご家族で空っぽの会参加してくださりありがとうございます。自分にとっては神奈川こどもNICUはこれまでの建物ではなく、ここに集まる人達みんなが神奈川こどもNICUなのかなと思えていました。建物はなくなっても、神奈川こどもNICUは続くのだと思える会でした。岡野先生、確かに就学旅行に同行した生徒さんが会えたと伝えてくださいました。ルイ君だったのですね。お互いに嬉しい再会ですね。では、今後とも見守ってくだされば心強いです。

aat*****  
No title

いろはっちです
遅くなりましたが、空っぽの会の開催ありがとうございました。
本当に空っぽで、でもそれぞれに思い出が残っている部屋に入り改めて息子にここではこうだったよ、などと話していました。演奏もそれぞれに素敵でした。
先生方が演奏された『365日の紙飛行機』息子が音楽の授業のリコーダーで習っていて俺も吹ける!!と言っておりました。NICU卒業して10年経ちましたが息子のことを覚えてくれている看護師さんも何人かいてくださって息子も照れながらお話しすることができました。
そして10年前は隙間から窓の外を見ることなんて心の余裕もなく考えたこともなかったのですが今回隙間からNICUの外を初めて見てみました。息子に外見たことなかったの??と驚かれましたが、その頃の私の気持ちも理解してくれたようで改めて息子がNICUにいた頃の話をすることができました。
ブログの写真が懐かしの横浜スタジアムでの野球親睦会から栃木の球場での写真、空っぽの会での写真、息子の成長記録みたいで、また息子と色々話すことがでしました。ありがとうございました。

NICUサポートプロジェクト  
No title

> いろはっちさん、空っぽの会きてくださり感想もありがとうございます。いろはくんの自身の10年間、ルーツを知る、自尊感情を抱き続ける機会になればと思えます。新しいNICUにも是非、案内できる日を楽しみにしています。