お子さんの有終を共に見届けたご家族とたちとの再会。。。:NICU「空っぽの会」の報告(その6)

NICU「空っぽの会」の報告(その6)です。


400名のご参加者があった
「空っぽの会」


この中にはNICUや外来でお子さんの死を共に悲しんだ
ご家族もたくさんご参加してくださっているのを感じました。

言葉交わす機会がなかったご家族もいますが、それぞれが
NICUの最後の日にこの場所にきてくれた想いに心寄せたい自分でした。



2年前のこのブログ、

 NICUの最後の夜、卒業の朝。。。 

限りあるかもしれない時間の中でNICUを笑顔で
退院したゆうくんご家族の卒業写真。



外来で喜び合った写真が残っています。
ご自宅で一生を終えられたゆうくん。


からっぽの会にきてくれてゆうくんと過ごした場所に
ゆうくんのお姉ちゃんと
妹さんと共にきてくれて胸が熱くなりました。
ゆうくん、お兄ちゃんになったんだねと
思えていました。

ゆきちゃん、


そして、るいちゃん。NICUの中で時間を過ごし、
今は天で見守っている二人に伝えたい、
NICUに戻ってきてくれていましたね。

「里帰り」なんだと思えていました。


のけんせいくんのママさんとパパさんも


お腹の中のけんせいくんをお兄ちゃんにしてくれる
お子さんと共にからっぽの会に参加してくださっていましたね。


一緒に産科に入院していたほのかちゃんのママさん、けんせいくんの
NICU卒業の時に号泣していたのを覚えています。ほのちゃんと
けんせいくんの再会の写真に涙が出そうでした。


昨年、クリスマスツリーを一緒に観れる時間を
かけがえなくかんじたりょうたくんのご家族。





弟くんと過ごしたNICUでUSAを踊っている姿、
ママさんの涙にも「からっぽの会」にきてくださり
再会できたことを自分も心温かく感じていました。




のかいせいくんのママさんのいらしてくださっていることを

気づいていました。

コウノドリの撮影協力で

かいせいくんのパパカンガルーケアの楽しげな様子を思い出していました。

のこはるちゃんと日々ちゃんのご家族も
きてくれていましたね。




のお礼を伝えつつ、



こはるちゃんのいた場所にきてくれた日々ちゃんの

これからを共にみまらせてもらえたらと思いました。


こはるちゃんとともに上記の動画に登場し




の取材を一緒に受けてくれていた

しゅんたろうくんご家族も「空っぽの会
にきてくれていましたね。


パパさんやしゅんたろうくんが長くいた場所に佇んでいる

のを感じました。しゅんたろうくんのぬいぐるみとともに

歩くお姉ちゃんの成長ぶりを


https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;" target="_blank">
天のしゅんたろうくんに伝えたい

気持ちでした。



しゅんたろうくんに向けての

写真のようにも思えていました。


への想いを受けて、新しいNICUにしっかりつなげていきたい
お気持ちをお伝えさせていただきました。

そして、

受付をしてくれていた


のせなくんのご家族。


https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">


にも登場していたせなくんのご家族です。



こども医療センターのメディカルアシスタントにいまは

なっているせなくんのママさんですが、一家総出で

受付をしてくれていました。

弟くんにせなくんの面影を色濃く感じながら
せなくんにご家族を伝えたい気がしました。



せなくんご家族としゅんたろうくんご家族に誘われて

記念撮影でした。



自分は3年半前の



の日を想い出しながら、この日のことを
友滝先生や岸上先生にも伝えたい
気がしていました。

子供の死はいつも胸がはりさけそうな気がします。

NICUで働くには心にも寿命がある、もうこういう
想いをしたくないと自分も思えることがあります。
ご家族にはそれよりももちろん大きな悲しみがあることなんだと
思えます。

自分がNICUで働いている理由は
この世の果てに思えるような悲しみに直面するご家族の悲しみを
少しでもシェアしたいし、限りある時間の中でも確かにあった
生きた証、地上に残してくれた喜びや楽しさを気づいてもらえるように
伝えたい、そして、シェアしたい。。。

そして、天に還った子供達と共にその先の人生を
歩むご家族を応援したい、、、時間を止めずに
子供達の死を受け止めつつ、それぞれのご家族の物語に
心寄せたいからこのNICUで働き続けていたかもしれないと
も思えていました。

お子さんの有終を一緒に見届けたご家族たちが
応援してくれているのを感じるNICUリニューアルオープン、
命を救うことと共に、命の時間を大切にするNICUに
さらになっていけたらといいう想いを確認させてもらった気がする
空っぽの会でした。

そして、空っぽの会、
<その7>の報告を後日します。

コメント欄にメッセージ共に残してくださる
皆様に感謝です。ご参加してくださった皆さまも、
このブログで見守ってくださっていた皆様にも
引き続き感想など共に残してくだされば幸いです。
このブログも閉鎖間近ですので、有終を皆で
シェアできたらと思えています。

本日も皆様、それぞれの場所でそれぞれの役目をお疲れ様です。
明日もそれぞれの場所でそれぞれの役目をがんばりましょう。




追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。



ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  
 




https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">




https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">



https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;" target="_blank">


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 4

There are no comments yet.
けんせいママ  
No title

先生方、スタッフの皆様、空っぽの会を開催していただきありがとうございました!
たくさんの人で溢れていて、みんなに愛されているNICUなんだなぁと改めて感じました。
健生の頑張っていた場所を見れて、健生のお友達とも会えて、ステキな音楽にたくさんの写真、とても楽しく過ごす事ができました!
本当にありがとうございました!!

NICUサポートプロジェクト  
No title

> けんせいママさん、空っぽの会に来てくださりありがとうございます。NICUに里帰りしてくれたママさんとパパさに自分たちも心温かく思えました。そして、また、笑顔で会える日を心待ちにしています。

sao*i*nakad*  
No title

峻太朗の母です。
感想をお伝えするのが遅くなりました。
空っぽの会、開催してくださりありがとうございました。
NICUに入る前は泣いてしまうかな、と思っていたのですが、そのような感覚は全くありませんでした。
お部屋をたくさんの写真で飾って下さっていたおかげか、アラーム等の音が聞こえなかったからか、、。
「ここに峻君のベッドがあったね、峻君。」と峻太朗と話をしているような感じでした。
村田選手のサイン入りユニフォームを拝見できてうれしかったです。
病院の桜もそろそろ終わりでしょうか。
峻太朗と一緒に病院へお花見に行った事を思い出します。

NICUサポートプロジェクト  
No title

> 峻太朗の母さん、「空っぽの会」のご感想ありがとうございます。子供達の死の悲しみは一生忘れることはないけど、時間とともに悲しみの中に温かさが宿る気がします。今は天に先に還られているおこさん達のご家族がたくさん訪れてくれていた空っぽの会、そして、それぞれがいた場所の壁などを写真を撮ったり、兄妹などに伝えている姿にたくさんの気づきをいただいた気がします。いつかまた、訪れたい場所、辛いこともあったけど、楽しいこともあった場所と思ってもらえるNICUを目指し続けたいと思えました。村田選手の最後の25のサイン入りユニフォームですね。アイデアに感謝です。寄附してくださった皆様には内覧会にご招待したいと思えております。是非、夏にまた、新しく生まれ変わるNICUにご家族できてくださればと思えます。メッセージ嬉しく感じました。