462gで生まれ11年後を: NICUブログ320万ブログアクセス到達

このNICUサポートプロジェクトブログ、
先週末に320万ブログアクセス到達ということです。
節目を見守ってくれてきた皆様と共に喜べたらと
思えます。


NICUのベッドや人財不足が社会問題化された頃に
NICUのことを伝えようと出版したのが下記の本。




の出版に合わせて村田さんが開設してくれたこの
NICUサポートプロジェクトブログ、上記の本や

に登場してくださったのは

当時NICUにいた400g台と500g台の双子の兄弟
一人長期入院となっていたふみとくん
でした。NICUのことを一緒に伝えてくださったふみとくんや
ご家族でした。

先月11年ぶりにNICUに里帰り訪問してくれた
462gで生まれたふみとくん


本日もNICU訪問してくれました。


NICU訪問してくれた先月、お家でふみとくんとふみやくんの
双子、NICUリニューアルオープンを聞いて
「2人が小さい頃のお気に入りの絵本、
二人で話し合ってお年玉を出しあい、
新しいNICUに寄付したい」と尋ねてくれました。


に登場していた双子の11年後、
二人のその想いに感動しました。

この本のその先の未来を伝えているこのブログだとしたら
その意義を感じ、これからももう少し続けていけたらと思いました。


本日も工事事務所で会議。
患者さんとのお話が立て続けにあって
途中出席の途中退席となりましたが


15ヶ月が終了、56週目の今、設計、病院、工事関係者で
新しいNICUを立てるために知恵と力を合わせています。


いつまで続くのだろうと終わりがないように思えていた
大規模改築工事の中の居ながら工事。。。


いよいよ、最終の第5期、新しいNICU部分の工事に入る
3月です。

今いるNICUの改築のため、


完成間近の新GCUに移動しての
最終工事の予定です。

今のNICUから新GCUへの引越しの相談なども多くの時間を
さく今です。


引越し前は暇になるかなと思ったら満床状態が続き、
昨晩に続き、本日も8時、9時、夜。。。に緊急入院が続き
引越しにも不安があるのですがみんなで今しかない今を
乗り越えていけたらと思います。

いつもこのブログに登場してくださる皆様、
見守ってくださる皆様ありがとうございます。


そして、このブログの舞台だったNICUの最後の日、
新しいNICUのスタートなどをこのブログで伝えていけたらと
思えます。

ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。

追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が可能になりました。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  
 






関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
きょうちゃん  
No title

豊島先生、こんにちは(*^^*)
ご無沙汰しております。
この度は、ブログ320万アクセス、おめでとうございます\(^-^)/前回の310万アクセスの時にコメントを後でしよう、明日にはしよう…と思っていたら今日になり(笑)、大台を突破していました。
診療を続けながらの工事、とても大変だと思います。その傍ら、ブログ更新を続けて下さり、ありがとうございます。知っている先生や友達親子を発見すると嬉しいですし、記事の内容にハッとさせられたり涙が出てきたり。色々な気付きを頂いております。
Nのリニューアルオープンの日を、このブログで共にお祝いさせて頂けたらと思います。くれぐれもご自愛下さいね。

NICUサポートプロジェクト  
No title

> きょうちゃんさん、320万アクセス一緒に祝ってくださりありがとうございます。これもめいちゃんやきょうちゃんさんご家族のように登場してくださったり、感想を伝えてくださるご家族あってのことと思えています。10万ごとに節目を報告しているのですが確かにその間隔が狭くなってきていました。1日1000-1500以上の見てくださる人がいるようになっていますしね。一方でコメントする人はどんどん減っているのを感じて、反応がわからない中で続けていることがしんどくなることもありました。自分にとってはYahoo!ブログ終了で引越ししたとしてもコメント欄がないのは残念でならないですね。過去の記事は残してもブログからFacebookページに軸足移してもいいのかなと思えていて、また、相談させてください。そして今後とも共に考えていただければ心強いです。いつも感謝です。