未来のカタチを考えたい:NICUの集中治療・家族支援。・施設間交流

先週の土曜日は

の開催でした。

下記にその写真を掲載しています。
多くの方にご覧いただければ幸いです。



それぞれのご家族の
本来の笑顔に触れられた気がして、素敵なNICUの休日
だったように思えます。

回を重ねるごとに育っている、
文化となりつつあるイベントに思えます。
NICUの家族支援を質向上していく機会になっていると
思います。NICUアンバサダーの皆様に感謝です。


そして、2月25日(月)、本日は下記の講演会を開催いたします。
NICUの集中治療の質向上の機会になればと思っての開催です。




昨日、準備していましたがスライドを新しく作った
ものも多く、久しぶりに楽しく準備した気がします。

自分の中でも未来形の講演というか、
これまでの課題を明らかにしてこれからみんなで
よりよくしていきたいことへの情報提供ができればと
思えています。

当日のこども医療センター会場に周産期医療や小児医療で働いている
皆様が対象ですが、院内外からご参加大歓迎です。参加費無料です。

遠隔医療や遠隔セミナーを取り組みたい部分もあり
続けて来た遠隔配信です。学会などにみんなで行けない
NICU医療だからこその現場で他施設の情報を得ながら
それぞれの場所で診療を考えるきっかけを作れたらと思えて
続けています。


今回も
愛育病院、  滋賀医科大学医学部附属病院、 横浜市立市民病院 、 大阪母子医療センター、 釧路赤十字病院、  福井愛育病院、  北海道立子ども総合医療・療育センター 、 産業医科大学病院、  聖マリアンナ医科大学、  和歌山県立医科大学、  三重中央医療センター、  愛知医科大学周産期母子医療センター  島根県立中央病院  川崎市立川崎病院  福島県立医科大学附属病院  (JCHO)九州病院  成育医療研究センター、  東京医科大学、  順天堂大学静岡病院、  埼玉県立小児医療センター、  高槻病院、  淀川キリスト教病院、京都大学医学部附属病院、  聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院、  名古屋第2赤十字病院、福岡市立こども病院の全国27箇所のNICUにも遠隔配信講演会に協力していただき、共に
時間を共有できればと思えています。

お申し込みいただいたNICUの皆様、準備してくださった
NICU遠隔配信チームの皆様、ありがとうございます。

本日もそれぞれにとっていい1日であることを
願っています。

ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が可能になりました。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。

下記にクリックしてくだされば幸いです。
  




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.