春節を身近に感じる横浜にあるNICU。。。


春節を感じやすい横浜です。



外国籍が一番多いとされる神奈川県、
日本最大の中華街もある横浜、中国は
身近に感じる国です。


たくさんの中国の方が働き、生活している街だと思います。

横浜で暮らす中国の方々の妊娠や出産を
支えているこども医療センターでもあると思います。


中国語が母国語のご家族もいます。日本人でも説明や理解に難しい
こともある周産期医療や新生児医療の命を巡る話し合い。

医療通訳のMICの皆様の連携の中で以下のような
講義をさせてもらったこともあります。



中国語が話せる林先生に同行してもらうことが多い自分です。

中国語で話しかけてくれる医療スタッフがいることはご家族に
とって何より心強いことなんだと林先生とご家族が言葉を交わす
光景や表情に実感します。

「林先生が中国語で心寄せてくれたことが心の救いになって
いただろうし、林先生にしかできないNICU医療がそこに
あったよ」と伝えた自分でした。

中国、台湾からの周産期医療者の見学や短期留学が
増えている近年です。



病気や障害などダイバシティー(共生)を
世に伝えたいのが周産期医療だとしたら
国や文化を越えた共生、その中での周産期医療を
考えていけたらと思う私たちの神奈川県であり、
林先生のような中国語ができる医療者の存在が
大きい街なんだと思えて心強く感じています。


ご意見ご感想などどなたでもお寄せくだされば
嬉しいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が可能になりました。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。

多くの方にご支援いただければ幸いです。


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.