NICUで初めての年越しの笑顔。。。



弘明寺観音への初詣に向けて準備万端な弘明寺商店街です。
大晦日から元日は夜通し開いているお店も
少なからずある初詣で賑わう弘明寺にこども医療センターは
あります。


こども医療センターは外来は閉まり、手術入院はなく、
外泊にいけるお子さんは外泊しているので静かな時期ですが、
そんな中でもこども医療センターで年末年始を過ごす
患者さん、ご家族、働くスタッフはいます。


電気が消えている場所が多い中、
明るくて心支えられる気がするの一画。


「病院でがんばる人がいる限り、休まないという
年中無休の広浜食堂とローソンの皆様に感謝です」


大晦日の夜、NICUも年中無休で誰かが生まれてくる赤ちゃんや
NICUで過ごす赤ちゃんたちを見守っています。

勤務しているスタッフそれぞれを讃えたい気持ちの大晦日から
正月のNICUです。




こはるちゃんのベッドサイドにサンタクロースの人形と



https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:visible;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
NICUの中でコンサートをしてくださった相川七瀬さんからの
プレゼントのお帽子がこはるちゃんを見守ってくれていますね。


こんなに心に響くクリスマスソングの歌声は初めてと
胸に残るコンサート、NICUの中でクリスマスを過ごすご家族に
クリスマスソングを届けてくれた相川さんに感謝です。


レ・フレールの守也さんの素敵な音色のピアノコンサートを
届けてくれてNICUの中から家族での楽しい時間を
積み重ねているこはるちゃんご家族。

そして、

こはるちゃん、大晦日はファミリールームで家族水入らずで
過ごすということ。「笑ってはいけない」がかかっていましたね。


胎児期から知るご家族、こうしてNICUの中でも家族水入らずで
大晦日からお正月を迎えることを自分も嬉しく感じました。
ママさん、パパさん、看護師さんの写真のポーズに
合わせるかのように

手をあげるこはるちゃんが可愛らしかったです。


こども医療センターのある丘から街に下る途中での
夜景の写真を撮っていたら大晦日の勤務を終えた
NICU看護師さんたちにも会い、今年をねぎらい、
来年もよろしくねといって丘を降りた大晦日でした。

ご意見ご感想など一緒に書き残してくだされば幸いです。


追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が可能になりました。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。

多くの方にご支援いただければ幸いです。



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
Hiroko  
No title

息子がお世話になったのは小児病棟でしたが、
暑い盛り近くの小児科から中核病院へ搬送。
中核病院からその日の内にこども医療センターに緊急入院。痛みに3日間七転八倒してからの、緊急手術。不安の中、看護師の方々、そして執刀医の先生、お粥の食べられない息子に、
食事を工夫して下さった栄養科の方々。
感謝してもしきれません。
その後6年の通院にて、寛解となりこども医療センター卒業となりました。
お母様お父様の笑顔があるのは、お子さんの頑張りと先生方の丁寧な看護があってのことと思います。
お体に気をつけて、頑張って下さい。

NICUサポートプロジェクト  
No title

> Hirokoさん、素敵なメッセージありがとうございます。こういうご経験や想いを一緒に綴ってくださることをありがたく感じます。今後ともメッセージなどお寄せくだされば心強く感じます。