想い通りにならなくても。。。:横浜Fマリノス中町公祐選手の「ひゅうごシート2018」に感謝

本日、今年のJ1リーグ最終戦、J2への降格するかを決める
プレーオフに横浜マリノス、磐田、湘南、名古屋、鳥栖の5チームが
その可能性があった本日。
磐田が明日のJ2からのプレーオフ出場をかけた横浜FCと東京Vの勝者と
来年度の最後の1つの椅子をかけて対決になるとのことですね。


「この街には横浜Fマリノスがある」の旗がはためく
地元ヨコハマのマリノスは
と鹿島アントラーズと共にJリーグ開幕以来、ずっとJ1で
戦い続けている記録が続くようですね。大学卒業の年にJリーグ開幕だった
ので、自分もこども医療センターにはじめてやってきた日から26年目になるんだなと
思えていました。


そんな大事な本日の横浜Fマリノスの最終戦で
マリノスの選手会長である中町選手がひゅうごシート2018の
今シーズン9回目であり、今年の最後を回を開催してくださいました。

で公募していたイベントです。


新横浜駅近くの日産スタジアムに自分も行ってきました。
最終戦であり熱気のあるスタジアムの試合開始前でした。


マリノスの応援歌が終始続いていたマリノスサポーターが
いっぱいのスタジアムに混じって

今回にご応募くださったご家族と一緒にマリノスを応援してきました。
このブログにもしばしば登場してくださっている
400g台で生まれたみらちゃんご家族、

みらちゃんは中町選手の背番号8が入った
タオルマフラーがすごく可愛く似合っていました。


自分は今年はじめての参加だったのですが昨年いただいた
ひゅうごシート参加者限定のオリジナルリストバンドを
巻いて参加しました。中町選手の背番号8と中町選手が
ゴールを決めるたびに天のひゅうごくんに指をかざしてきた
シルエットが刺繍されています。


リストバンドを二人で見せに来てくれた
重症の双胎間輸血症候群で超低出生体重時だったそうちゃんとこうちゃん。
NICUのラウンジで「いつか二人とサッカーがしたいんです」と語っていた
パパさんのことを思い出しながら、

サッカー観戦をしている
今を喜び合いたいと思えました。


超低出生体重児だったあおいくんご家族。
あおいくんのお兄ちゃんぶりを頼もしく感じました。


ゆうとくんご家族、ゆうとくんが自分に気づき、
ママさんに伝えている姿、気管切開などの医療的ケア
と共に健康に成長しているのを感じるスタジアムを
走るゆうとくんに感動しました。


NICUにそれぞれ長く入院していたご家族と
サッカースタジアムで再会できることにお子さんそれぞれ、
ご家族それぞれのこれまでを
讃えたい気持ちでした。

中澤選手の3ヶ月半ぶりの復帰登場、
ガッツ溢れる守備に枠く、マリノス応援団。




試合は敗れましたがJ1残留決定のなかで
最終戦セレモニーでした。


選手会長の中町さん、先頭をきってスタジアムを一周して
今年の応援の感謝を伝えていましたね。


試合は負けだとしてもご家族それぞれに心に残るサッカー観戦に
なればと思えていました。


節目のひゅうごシートということで試合終了後、中町選手、
特別に子供達と過ごす時間を作ってくださいました。

応援してくれたことに感謝を伝え、
勝てなかったことに詫びを伝える中町選手、
そして、
「サッカーは思い通りにならないことも多いスポーツでこういう日も
あるけど応援してくださってありがとうございます。

自分はNICUで息子を亡くしたことがあって、その時にNICUという
全く知らなかった場所に触れた。生と死の界のようなところで頑張っている人たちが
いることを知った。そこで出会った人たちに様々なことを
気づかせてもらった。

こういう経験をしたサッカー選手はほとんどいないかもしれないし、
自分の息子のことだけでなく、NICUで頑張る子供達やご家族を
応援したいと思えてた。サッカー選手としてできる応援をしたいと
思ってこのひゅうごシートを続けてきた。



生きているからこその辛いこともあるかもしれないけど、
生きているからこその幸せもある、そういうことを一緒に
感じていけたらと思えています」
というご挨拶に感動していた自分です。

中町選手を囲んで記念撮影でした。





ご家族それぞれに中町選手に感謝を伝えていましたね。
子供達がNICUに入院したからこそのこの時間なんだと思えました。



ご自信の息子さん、ひゅうごくんのことを踏まえて
NICU卒業生ご家族を励ましてくださる中町選手のかっこよさを
改めて感じていました。

「赤ちゃんんが助かったからこその悩みも喜びもある」ように
「赤ちゃんがなくなったとしても、悲しみだけでなく、残された
人に残してくれる心温かさや幸せもある」とも思えていました。

サッカーも人生も想い通りにいくわけでもないけど、
思い通りでなければ喜びや幸せがないわけでもない。。。

思い通りにいくから幸せになれるわけでもなく、
思い通りにいかない人生の中でもその中での
喜びや楽しさに気づけるのが幸せということなのかなと
思えた本日でした。

ひゅうごくんの人生が多くの人たちに幸せな1日を
届けてくれている気がして天のひゅうごくんを讃えたいと
思えていました。


ひゅうごくんの生きた証、
そして、ひゅうごくんととともに生きるご家族の物語の続きである
ひゅうごシートなんだと思えます。


今年9回、このイベントの事務局をしてくださった野村さん、
中町選手と共に様々な状況のNICU卒業生ご家族、それぞれに
対応してサッカー観戦を支援してくださいました。
NICUにゆかりはなかった野村さんですが、すっかりNICUや小児医療の
理解者、支援者と心強く感じています。

NICUに縁があった人からなかった人へ、
そしてバリアフリーなヨコハマをみんなで目指していけたらと
思えるイベントに感謝でした。

このイベントにご参加されたことのある皆様、
応援してくださっている皆様、
ご感想など共に残していただければ心強く感じます。



どなたでも
ご意見ご感想などコメント欄にお寄せくださればと
思います。







https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;" target="_blank">
https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
ysdmuneki  
No title

あおい母です。
試合の結果は残念でしたが、とてもドキドキハラハラする、楽しい試合でした。
葵生は途中で飽きてしまっていたのでまだ早かったかな?と思ったのですが、寝る前に「今日サッカー見たよ。ボール ポーンってしてたよ。すごかったねぇ」と興奮気味に話をしている姿を見て、参加して良かったと心から思いました。
妹の瑛香は中町選手に一目惚れしたようで、ずっと見つめていました(笑)
この様な機会を頂き、中町選手、野村様、関係者の皆様、豊島先生、本当にありがとうございました。
また参加出来れば良いなと思います。

NICUサポートプロジェクト  
No title

>あおい母さん、ひゅうごシート一緒に参加できて楽しかったです。おウチに帰ってからのあおいくんと妹さんの反応をお伝えくださりありがとうございました。こういう感想を一緒に伝えてくださることをありがたく感じます。感謝です。