紫がいっぱい:世界早産児デー2018 in 神奈川県立こども医療センター



の翌日、土曜日のNICUです。
休日でもNICUに必ず顔を出してくれる小児外科の先生たちと
相談し合う新生児科です。

この日は



準備してくださった皆様、参加してくださった皆様、
留守を守ってくれた皆様、それぞれに感謝です。


参加できなかったメンバー、地元に戻っている
メンバーにこども医療センターにこの日戻って来てくれて
いたご家族のお写真を届けられたらと
下記に掲載させていただきます。




NICUで隣のベッドで過ごしていたご家族同士の再会。


小学生にになっているご家族との再会。


兄・姉面会が楽しみだったというお姉ちゃんとも再会。



NICUの新人看護師さんにも自分たちの仕事の意味を
感じる機会だったのではないかと思えます。


患者家族のストーリーをシェアする時間。


お話ししてくださった皆様にも、


話を聞いてくださっていたご家族にもそれぞれの
物語がNICUであったと思えます。


町田院長も参加してくださり、
腹話術で子供達とご家族に笑顔を届けてくださっていましたね。

上記で追体験できます。
町田院長、ありがとうございました。



それぞれの今を讃えられたらと思えていました。


ご家族と医療者で今を喜び合ったり、




こども医療センターのクリスマスを感じたり、



弟や妹にNICUを感じてもらったり、


久しぶりにあっての近況を教えていただき嬉しかったり、


遠方に引っ越しているご家族がこの日だけ横浜に戻って来てくれて
昨年からの1年を伝えてもらうことを嬉しく感じたり、


子供達の外来と異なる笑顔も嬉しく感じました。



ご家族それぞれの笑顔が素敵でした。




手形アートをみんなでしていましたね。


NICU卒業生のご縁が広がればと思えていました。


ゆいねちゃんのお姉ちゃんも面会に来ていて風船もらって嬉しそうですね。

このイベントがあったからこそ会えたようにも思えた

再会も心温かく思えました。

人生はそれぞれに色々あるけど、お互いに応援し会えたらと
思えています。



自分、最後まで参加できなかったのですが
それを含めて、ご参加の皆様、それぞれにご感想など
コメント欄にお寄せくだされば心強く思えます。




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 5

There are no comments yet.
あいな、ゆうな、せなママ  
No title

先日はイベントに参加させて頂いた際に、娘がぐずり、貴重なお話のお邪魔になってしまい、発表されたお母様方やご家族、お聞きになられていたご家族皆さま、大変申し訳ありませんでした。
この場をお借りして謝らせて下さい。
大変ご迷惑をお掛けしたのに、スタッフの皆さんは誰一人として慌てず、怒らず対処してくださり、帰り際には気になさらず、こどもですから!また、次も良かったら是非と言って下さり、本当にありがたかったです!
昨年は参加できなかったので今年は楽しみにしておりました。イベントでは懐かしの看護師さん、久しぶりにお会いする方もいらして嬉しかったです!
今回のイベントが一つの同窓会となりました!!
また、きょうちゃんママさん、声かけて下さりありがとうございます😊
パパさんもママさんも優しい雰囲気は変わらず私もほっこりしました!
次女にも三女にも声かけて下さり嬉しかったです!!
また、外来などでお会い出来たら嬉しいです😊

きょういちママ  
No title

去年とまた違いパワーアップした数々の企画で楽しく過ごすことができました。そして看護師さんたちとの再会も果たすことができて、二重の喜びでした!
ありがとうございました!!
>せなままさんへ
今年はお会いできて良かったです!去年もお会いできるかと思いながら参加していました。みんな大きくなって、こうして成長を喜びあえたこと、とても嬉しかったです。

sky*ip*2  
No title

息子とともに参加させていただきました。
先輩ご家族たちのあたたかさに触れたり、母性病棟でお腹の中にいた時からのお友達や、在胎週数・出生体重の近いお子さんご家族と言葉を交わすことができ、とても嬉しかったです。
たくさんの楽しい企画で、思い出に残る時間を過ごすことができました。
企画・運営してくださったみなさま、ありがとうございました!
こうだい母

NICUサポートプロジェクト  
No title

> あいな・ゆうな・せなママさん、 きょういちママさん、こうだいママさん、イベントへの感想などこういう場所に書き込んでくださることは大変ありがたく感じます。未来の誰かの希望になるかもしれないし、準備や運営や留守を守ってくれたメンバーにもその意味を気づかせてくださることにおもえます。ありがとうございます。

NICUサポートプロジェクト  
No title

> きょういちママさん、きょうちゃんの成長ぶりを学会であった兼次先生に伝えてきましたし、フォローアップしてくれている山浦先生に感謝を伝えてきました。皆、喜んでくれていました。そして、自分、パパさんとママさんに感謝を伝えるべきだったことをその後の寄附者一覧のリストを見返して気づきました。お会いした時に直接伝えたいと思っているのですが、きょうちゃんご家族には来年のこの会、もしくは、是非、新しいNICUができたら寄附してくださった皆様をご招待したいとおもえているのでその時に改めてお礼をお伝えさせていただければとおもえています。大切に活用させていただきますし、<寄附への想い>をお送りくださればありがたくも感じます。