賑やかなNICUの日曜日:第4回 NICU FAMILY PHOTO (11月4日)の報告


日曜日はNICU卒業生ご家族を含めた
が継続してくださった
第4回 NICU FAMILY PHOTO
でした。


今回も「お気軽にお声かけください」Tシャッツを着ながら
日曜日の午後をNICUで過ごしてくださっていた
アンバサダーの皆様です。


Photo letter itsumoの諏訪さん、
NICUの看護師さん家族も節目節目で写真を撮って
貰ってきたという家族写真の出張撮影をしてくれる
写真家さんですね。


で講演させて貰った時に、公演後に声をかけてくださった
ご縁で当院の家族写真をボランティアで撮ってくださっています。



今回も診療に配慮しながら、スタッフと協力しつつ、
17組のご家族の写真をNICUで撮ってくださいました。

プロの写真家の素晴らしさを感じるとともに、自分達が入院している時に
こういう支援があったらよかったと伝えてくれるりくパパさんや
みづきくんママさんの言葉通りで、このイベントの大切さを
患者家族の皆様に教ええていただく気がした素敵な御顔族写真が
たくさん撮影されていましたね。













アンバサダーの皆様が届けてくれた
ご家族の笑顔に思えました。


お兄ちゃんやお姉ちゃん、パパさんも含め家族面会も多く、
賑やかで明るい日曜日のNICUの雰囲気だったと思います。

もちろん、全員が心配もあってNICUにいるわけだけれど、
それでも、不安だけでなく、今、家族で過ごしている時間の
尊さを感じる時間になっていたように思えます。

今、入院している赤ちゃんたちのそれぞれの誕生を改めて
みんなで喜びあえたらと思いました。

人でいっぱいな気がして、今だからこそ家族スペースを拡大する
新しいNICUに改築する意義を改めて感じたりしました。


写真撮影の後はアンバサダーに参加してくださっている
富士村さんがを作ってくださった
スクラップブッキングにアンバサダーの皆様が写真を
添えてくださり、ご家族それぞれにプレゼントしてくれました。

休日を費やしてこの企画を続けてくれるアンバサダーの
皆様に改めて感謝でした。

このイベントに参加してくださった
ご家族の皆様にもご感想などお伝えくださればと思います。

今回、ネットなどに載せてもいいとお尋ねするのを忘れたため
載せたいお写真たくさんあるのですが、載せられず残念です。
勝手に載せるわけにはいかない自分達です。

載せてもいいですよ。。。と思えたら是非、コメント欄や自分に
お伝えくだされば後日でも載せさせていただければと思います。

「ブログ読んでます」とお声かけくだされば
お誘いさせていただきます。

もしくは
にアップロードしていただくのも大歓迎です。



医療者だけでなく、患者家族だった人たち、
NICUに縁はなくても応援したい人たちが
支え合うようなNICUを目指したいと思っている
自分にはこのイベントの意義をどんどん感じる
日曜日でした。

ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.