大いなる力には大いなる責任がつきまとう:NICU寄附への想い17



とお願いして以来、新生児科指定のご寄附してくれた
ご家族が3月から8月までで39件
9月も過去最多15名の方がご寄付をくださったとのことです。
地元企業の横浜ゴムに続き、神奈川県タクシー協会
からのご寄付にも驚きつつ、
感謝でした。

我が事に感じて、ご寄附してくださった皆様、
それぞれにありがとうございます。

寄附してくださった御家族にメッセージもいただけれたらと
思えています。以下のようにこのブログに寄附への想いを
残させていただけたらと思えています。

ktoyoshima@kcmc.jp
に寄附してくださった皆様には
メッセージなどお寄せくださればと考えております。

本日は
「寄附への想い17」
として、このブログのコメント欄ににしばしばメッセージを
くださり心強く感じている gakoさんからでした。

ずっとこども医療センターやNICUを見守ってくださるのを
感じるいつもありがたく感じていました。この度はご寄付ととともに
下記のようなメッセージお寄せくださり感謝でした。


メッセージは以下です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日は軽井沢中学で講演ありがとうございます。

今回そちらに寄付したのは以下の理由です。

●忙しいのに診療報酬以上にしてもらったこと
産科の診察時、エコーで生前の姿をたくさんみせてくれ
なおかつ動画をいただけた事。


写真:旅立っての一年後の祭壇?。
エコーの生前の写真?額の中央には爪と髪の毛の入ったボックスがあります。
ガラス瓶には遺骨です。

説明する時、複数の医師で書面で詳しく説明してくれた事。
色々労いのお言葉。


写真:旅立っての3年後、天使のシュークリームのはずが鉢巻?

出産後~退院、その後、わたぼうしの会まで見届けてくれた産科スタッフ



ボランティアの方々の病院の暖かな雰囲気 
先日の軽井沢中学の講演
              などなど

私のすずめの涙程度の寄付は、
診療報酬以上にお世話になったささやかな気持で、
使い途はスタッフ様の休憩などに、と思ってます。

先生はブログでスパイダーマンのグッズ貰った事書いてありました。



映画のスパイダーマンでは平凡な男の子が蜘蛛の力を宿し
問題を解決して有能感を高めていく反面、スパイダーマンとして
取り組むべき問題の多さ、
(危険に晒されている人々がスパイダーマンの
自分にしか救う事ができない)、
それまでの穏やかな生活が崩れていきます。

「大いなる力には大いなる責任がつきまとう」
こんなセリフは最後の砦となる専門医の先生達とダブりました。

通勤途中には、KCMCだった佐々木佳朗先生が障害児グループホーム
の反対の看板がみえます。




私の職場は在宅の高齢者相手なので新生児とは対極にありますが、
在宅医療、本人ではなく家族が決める治療や生活、
虐待など共通点がありブログは参考にさせてもらってます。

流石に成長は見れませんが(^ ^)、
在宅から入所施設などに行っても穏やかな生活をしている、
と風の便りがあれば嬉しく思います。

NICU卒業生の記事も、
先生達は何人卒業させても慣れる事なく
嬉しく思うのではと勝手に共感してます。

長文で失礼しました。

これからもブログ楽しみしてます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以上です。新生児と高齢者で
あい通じる部分があるということにすごく共感しましたし、
スパイダーマンの指圧棒(大変気持ちよい指圧棒なのですが、使いすぎと
肩こりすごくて折れてしまい残念の指圧棒)
などを覚えていてくださることにもありがたく感じました。

「使い途はスタッフ様の休憩などに」という
言葉をありがたく感じ、使い道を考えさせていただき報告させて
いただきます。寄附してくださった皆様にはリニューアルするNICU
完成時はご招待したいと考えております。その時に改めて、
お礼を伝えられる
ことを楽しみにしています。




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
gako  
No title

ブログに紹介してくれてありがとうございます。(#^.^#)
自分で読み返してみるとそれまでNICUや医療的処置が必要な子供の事は全く興味がなかったので😅、これも先に逝った子の、残したご縁だったと思ってます。

NICUサポートプロジェクト  
No title

> gakoさん、スパイダーマンの話に共感することがあるとともに<診療報酬以上のことをしてくれた>という言葉が印象的でした。確かに、診療報酬とは関係なくても赤ちゃんとご家族のためにしていることが多い周産期センターなんだと改めて思えました。僕らは治療を売っている人たちではないので、こういうメッセージに気づきをいただきました。診療報酬でまかなえないことってたくさんあるし、治療以外のご家族のアメニティーなどの向上に寄附を使いたいと思えています。そして、スタッフの休養環境を良くしていけたらと思います。これも寄附の使用用途が医療スタッフの休養環境の改善にというような多いことに、そういう理由が多いことに報われる気持ちがしました。お気遣いありがとうございました。