「医療者のやる気」を育てたい。。。:関東学院大学看護学部で講義


先週は3次元エコーをたくさんしていました。卵円孔や心房中隔
欠損を評価できるようになれたらと思えています。


夕方のNICU、ベッドサイドで赤ちゃんを心配している
NICUの医師と看護師。何かあってから動くのでなく、何も
起きないように見守りたいという意思を感じ心強く思える場面でした。


新生児病棟の壁一枚先では新しい新生児病棟の工事が
進んでいます。

斎藤先生や看護師さんが救急搬送の保育器の
通路の確保を確認してくれていました。

完成までに仲間を増やしていく必要を改めて
感じます。

この日の夕方から看護学校の
講義の日だったので出張でした。


ドラマ「昼顔」で斎藤工さんが勤めていた高校のロケ地でもあった
関東学院大学看護学部に短期研修にきてくれた武岡先生と
冨田先生と訪問しました。


毎年恒例ですが、
今年も
の2年生に
「NICUにおけるチーム医療と家族支援」というテーマで
講義をさせていただきました。

泣いたり、笑ったり、動画の中の赤ちゃんとご家族に
心寄せてくれる、共感してくれる看護学生さんが多い気がして
いつも素敵な看護学校に思えていますが、今回もそういう
小児医療に進んでくれたら嬉しいなと思える学生さん達が
たくさんいるのを感じる教室でした。





コウノドリや当院のニュース映像などを交えながら
NICUのこと、NICUのその先の事、看護学生さんに
お話ししてきました。

なるべく患者さん家族の言葉を伝えるつもりで
話しています。
 

講義で使っている動画で、村田選手がNICUの長期入院の中で
<マイナス思考>がなくなったと話している場面があって
10年経ってみて確かにそうなんだろうなと思えました。

NICUや小児医療に関わったからこそ、患者家族が
気づいた想いや願いを未来の看護師さんに伝えて
そういう想いに寄り添えるような看護師さんに
なってもらえたらと思っていました。



元々は自分が10年前に担当した
けいたくんのママさんが
「ダウン症の家族の生活や想いがわかる看護学生」
育てたいという願いをもって看護学校の先生になって
自分を小児看護の永田先生に紹介してくださったご縁の
この毎年の講義です。

 実際に、こども医療センターに入職してくれた卒業生もいます。
けいたくんの命がもたらした講義です。

その事に感謝しながら

http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">

けいたくんのママさんの言葉やけいたくんの
パパさんと一緒に担当した小学校での命の授業での
パパさんの言葉などを看護師さんの卵さん達に
伝えてきました。

様々な医療的ケアがあるお子さん達とご家族の
ことを自分なりに伝えてきました。

 看護学生さんたちも、泣いたり笑ったり、
患者さんとご家族に心寄せてくれている
看護学生さんが多い気がするこの看護学校です。
喜びや悲しみを我が事に思える看護師さんになってくれる
学生さんが多いように思えて毎年、甲斐を感じます。
 


 看護免許とったて学ぶべきことはたくさんある。
病気の子供達やご家族を救っているなんて思い込まず、
かっこいい素敵な人達が多い障害者の親御さんの
言葉に気づきや学びを持ちながら喜びや悲しみを
シェアしながら看護していける人達になってくれたらと
思いながら話してきました。


看護学校に講義をしているのも、
自分の話に共感して、病や早産と共に生きる赤ちゃんと
ご家族を救い支えたいと思える看護学生さんが
1人でも2人でもいてくれたらと思えて県内の看護学校を回って
います。
 
 


 講義室の後方で聴講していたのはわかなさんのパパさんやけいたくんのママさんが立ち上げたオルタナメディカルベース横浜並木の人達がいました。


こども医療センターに入職してくれる患者家族や
様々な支援活動をしているご家族がいる当院ですが、
NICUのその先を支えようとしている<医療者でもある患者家族>
の皆様の想いを心強く感じています。

NICU卒業生家族だからこその訪問看護や訪問理学療法、
生活支援をする覚悟を感じるわかなさんやけいたくんのご家族
こういう想いも看護学生さんに伝わればと思えていました。

そして、
けいたくんのママさんやわかなさんのパパさんの思いの
ルーツを同じ職場の方々に自分なりに伝わっていたら
という思えていました。いい訪問看護ステーションに
なっていく応援になればとも思えていました。



学生とともに一生懸命聞いてくれているのを感じた
武岡先生と冨田先生、こういう機会に感想や想いを聞けるのは
それぞれの研修の応援の仕方にもつながるかなと思えて大切に
感じています。それぞれの視座を変える機会になればとも
思えています。

自分が
 授業をしている動機を話したり、
二人の感想を聞いている中で自分がこの日気づいた事がありました。

どの医療チームでも、
「温度差」「やる気の違い」があると皆が思っている。
その「やる気」がある人が多いとか少ないってなんだろう
という話になりました。
 
 自分は、他者にやる気がないと思われている
医療者がやる気がないと自身を思っているわけでもない。

<目的>や<目標>に差があるのかもしれない。


 「自分にとって目指したい医療」が、
「自分の働きやすさや待遇を中心に考える」
「患者さんの病気を考える」
「病を超えてその人の人生を考える」
「退院後のことも含めて考える」「
患者と家族のことまで考える」

どこまで自分が目指したいかで
きっと温度差はある。
そういう目的や目標の違いが
チームの温度差ややる気の差
思えるのかなと話していました。

業務をこなすでなく医療を尽くす、 
病気だけでなく患者の人生、そして患者家族の人生を考える
医療者、今だけでなく、先の事も想像しながら目の前の患者さんに
向き合っている医療者が多いNICUチームをみんなで目指せたらと
思えたこの日の様々な出会い、看護学校の授業でした。
<やる気>も<優しさ>もお互いに育てあうことなのかなと
思えてきました。


ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。

下記にクリックしてくだされば幸いです。
  






https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">




https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">


https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;" target="_blank">
https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.