ボクらは毎日、奇跡のすぐそば にいる。。。

「ボクらは毎日、奇跡のすぐそば にいる」
「コウノドリ」のサクラ先生の言葉ですね。

周産期医療・小児医療で働く人達への
応援エールにも思えるセリフです。


こども医療センターの広浜食堂で本読みながら昼食とっていたら
「せんせい」と声かけてくれて飴をくれようにきてくれたのは
こうちゃんでした。




昨年のコウノドリに出演していたこうちゃん。


それ以来、ピアノ好きになっていること。
弾くポーズをみせてくれていつかその音色を聴かせてもらえる日を
楽しみにしています。



そして、廊下で出会い、声をかけてくださったのは
NICU卒業生のたいちゃんのママさん、出生前診断の話をして以来
のママさん、様々な決断をしての今、その笑顔を素敵に思えました。
幼稚園の話などを聴かせてもらって月日の流れ、
たいちゃんの積み重ねてきた日々を讃えたい気持ちでした。


同じく、笑顔で声をかけてくれたのはとうまくんのママさん。

胎児診断の末、1月に生まれた日の様子を以下に残しています。


あれから10ヶ月先の未来を実感するママさんと助産師さんの笑顔でした。

ながらくICUに入院していたとうまくん。

その面会にきていたみやちゃんとゆいとくんも
NICU卒業生です。出会うとかけよってくれる笑顔に
とうまくんとゆっくりお家で過ごせる日を自分も
願っていました。



NICUで姉・兄面会して以来の
3人が揃う外来での再会、その写真を撮れる日を
今から楽しみにしています。

「ボクらは毎日、奇跡のすぐそば にいる」

こども医療センターに集う人達にはそれぞれに
「コウノドリ」のような奇跡の物語があって、
その物語を応援していたいと思えます。

ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。

下記、引き続きみなさまよろしくお願いいたします。


https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">



下記にクリックしてくだされば幸いです。
  





https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">




https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.