KCMC若手救育シリーズ:「正期産・新生児の呼吸障害&チアノーゼ/新生児心エコーの見方(基礎編)」の報告


先週のNICU、診療してくれている、今年加わってくれた
新生児科専門研修医の
メンバーです。それぞれを素敵に思える後輩世代のメンバーです。

こども医療センターは小児科後期研修医、各診療科の
専門研修医をたくさんの若手医師がいる小児病院だと思います。

毎年7-8月は若手医師教育シリーズと銘打って

の講義があります。

下風先生が病院全体の中でこの役目に
推薦されてこのプログラムや司会進行役をしてくれています。

先週は下風先生と自分が担当しました。



下風先生が「正期産・新生児の呼吸障害&チアノーゼ」
というテーマで新生児科医でなくても、小児科医として
遭遇・対応する必要があるであろう正期産児の呼吸障害やチアノーゼに
一人で診療するときなどに堂考えていくべきかということを
教科書的なこと、最近の論文、様々な病院での自身の経験などを
踏まえて講演していました。


NICUに送る判断、送る前にすべき対応、緊急事態と対応すべき
ことなどを伝授していましたね。


下風先生らしい、経験を大切に
しつつ、実践的でアカデミックな講義に思えていました。



若手医師が未来に出会う赤ちゃんとご家族に活きればいいなと
思っていました。

下風先生に続いて自分が下風先生に
提案してもらった

「新生児心エコーの見方 基礎編」
と題して講義させてもらいました。


四腔断面と3血管断面の2つの断面から
上記の3つの状況を鑑別していくという講義にしました。


四腔断面と三血管断面の正常と

異常を動画をたくさんみてもらって
追体験してもらいました。

まだ、NICUを回っていない研修医の方々も含まれていましたが
新生児医療にも関心を持つきっかけの1つになればと思っています。

上記の内容は

でも再演させていただきます。上記は8月31日応募締め切りです。

この日も広報しましたが、この講義の続きというか
拡大版として13日(月)は同じ場所で新生児講演会として

https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;" target="_blank">
を企画しています。今度はNICUで働く若手医師向けに
したいと思っています。

参加費無料ですので院内外からお気軽にご参加いただければ
幸いです。

遠隔講演会のお誘いをNICUサロンや循環管理研究会の
メーリングリスト限定でお声掛けしました。30施設を越える
NICUからご参加の申し込みをいただき、ありがたく感じました。
先月の周産期新生児学会の留守を守ってくださった全国各地の先生方に
向けてお話しできたらと思えています。



ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。




下記にクリックしてくだされば幸いです。
  






https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.