猛暑と共に忘れえぬ想い。。。

朝の申し送り、深夜にくるみちゃんご家族から
小児科当直からお電話。夜のおうちでの様子を
伝えつつ、お昼ころに家族みんなで
こども医療センターに訪問したいという連絡だった
ということです。

みんなで待っていました。
ママさんとパパさん、涙で目を腫らしつつ、
夜のことをお話しくださいました。

穏やかに過ごしていた、苦しそうでなかった
みんなで時間を過ごせてよかった。。。
よく眠っているようだったと伝えてくれました。

家族でやれることは尽くしていた、
くるみちゃんにいいご家族の基に生まれて
幸せだったねと思えるママさんやパパさんの
言葉や表情に思えていました。

外来で自分が考えたくないことかもしれないけどそうなる可能性が
あることと話したような経過だったと思えました。



NICUのスタツフ入れ替わり立ち代り、皆が
くるみちゃんに会いに来ていました。

確かに、穏やかでかわいい表情でした。


出生前診断、ご出産を支えて来た産科病棟のスタッフや
産科の先生たちも来てくれていました。口々にくるみちゃんの
成長した姿を讃え、可愛らしさを讃えて抱っこしていましたね。


看護師さん、それぞれがこれまでくるみちゃんや
ご家族に思っていたことをくるみちゃんに伝えながら
抱っこしている姿にスタッフそれぞれの想いや


くるみちゃんの過ごした時間をみんなで
共有している気がしました。


遺伝科の先生や遺伝カウンセラーさん、
ご家族と話したことがあるメンバーがそれぞれに
集まってくる外来です。診断が仕事でない、、、
診断した子供達とご家族に寄り添う気持ちをかんじました。


これまでの喜びも悲しみも
シェアし合えたらと思いました。


休日だったけど、出て来た担当医の西田先生、
涙を浮かべながら讃えている姿にいい先生だなと思えていました。
くるみちゃんはいい先生に診てもらってよかったねと
感じていました。


熱があるときに側でずっと内輪で扇いでいてくれていた
滝崎先生にも大切に抱っこしていましたね。
胸に刻んでくれる存在になるかと思えていました。


最後に急いで駆けつけてくれたのは胎児心エコーから付き合いがある
金先生。金先生を尊敬するのは自分が向き合った患者さんとご家族に
必ずご挨拶にくることです。心臓を見ているのではなく、胎児診断
で来てくれたお子さんとご家族に向き合おうとしている小児循環器医
なんだと思えて、一緒に働けることに感謝を感じて、来てくれて
ありがとうと自分からもお伝えさせていただきました。

ママさん、この子のことで5つ目の病院にだったと
笑顔で、多くのスタッフに感謝を伝えてくれていましたね。

ママさんの笑顔、パパさんの笑顔にスタッフそれぞれも
会えてよかったと思えている気がしました。


この数日、一緒に見守ってくれた救急外来スタッフも、
ソーシャルワーカーさん達も多くの人達が正面玄関からいつも通りに
帰るご家族の車を見送りたかったこの日でした。

車の中から一生懸命手を振るお兄ちゃんの姿に
お兄ちゃんもよくがんばった日々だったねと思えていました。

猛暑を感じる昼下がりに涙を浮かべながらも
優しげな笑顔でこども医療センターを去るご家族、
スタッフの見送る表情にくるみちゃんの命は
多くの人間達の心に灯して天に先に帰ったと思えていました。

素敵な4人家族にお会いできたことをも含めて

今年の猛暑の夏の日のことを
自分は毎年思い出し続けるだろうと
思っていました。


ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。

下記にクリックしてくだされば幸いです。
  






https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">




https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">



https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;" target="_blank">


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 5

There are no comments yet.
bb_whitemoon  
No title

くるみちゃんのママとお兄ちゃんがよくベビールームに沐浴しに来ている様子を見ていたので、お話したことはありませんでしたが、とても印象に残っているご家族です。
いつも笑顔のステキな明るいママと沐浴をお手伝いしている優しいお兄ちゃん。
ステキなご家族だなぁ、といつも思って見ていたので、前回と今回の記事にとても驚きました。。
なんとお声をかけたら良いのかわからないのですが…………これだけたくさんのスタッフの方に見守られ、くるみちゃんやくるみちゃんのご家族がどれだけ皆さんから愛されていたのかが伝わってきます。
この暑さの中でどうぞご家族の皆様が無理をしすぎて体調を崩されませんように……。
たくみママ

フィオナ姫  
No title

暑中お見舞い申し上げます。
最初は、よく意味が解らず、
読み進んでいても、スタッフ皆さんの愛に、うるうる(;_;)だったんですが……。
最後まで読んで、ようやく気付きました。
くるみちゃんは、天へと帰って行ったのですか?
(`;ω;´)
でも、くるみちゃんは 本当に幸せな気持ちで旅立ったのでは…と思います。
これだけの愛情を 一生でも受けれない子もいます。
くるみちゃんは、人の何十倍も凝縮した人生を全うしたのですね…✨色んな方からの愛情を感じながら……✨
いつもいつも、
心を揺さぶられる記事をありがとうございます。
浄化される気がします。
余談ですが、
西田先生のファンになってしまいました ^_^
この暑さの中、
くるみちゃん家族も、
皆様も、くれぐれもご自愛下さいませ………🍀

NICUサポートプロジェクト  
No title

> たくみくんのママさん、白雪姫さん、心寄せてくださりありがとうございます。自分たちの外来には、「死を看取る不安を越えて、限りあるかもしれない時間だからこそ、日々を喜んだり楽しんだりしながら家族で過ごすことを決断してNICU卒業を決めるご家族もいます」、そんなご家族に、その状況の中でよりよいと思えることを選択していくのを応援して入られたらと思えています。「心配だからこそ、外来でできることをすべてした上で、家族で一緒にいた方が後悔しないと思う」と決断したくるみちゃんのママさんやパパさんの笑顔に、くるみちゃんがママさんやパパさんたちを優しくて強くしていたんだなあと出会った頃の困惑の表情を思い出しつつ、くるみちゃんはすごい子だよ、ママとパパの悩みを取り去り、幸せを届けたね、、、とくるみちゃんと別れ際に頭を撫でながら心で問いかけていました。そして、人の死は大人であろうとこどもであろうと、悲しみとともに温かさや出会いの感謝を必ず残してくれている、それを気づきあえる医療現場になったら、、、と思えています。気持ちをシェアしてくださり、ありがとうございました。

sky*ip*2  
No title

くるみちゃんが救急外来に来られていた日に偶然お母さんにお会いし、話しながら涙が出たのを思い出します。
今まで小さな体で頑張ってきたくるみちゃん。きっと大丈夫、また会えると信じたかったのですが…。私にとっても忘れられない日となりました。
たくさんの人に愛され、大好きな家族と一緒に過ごした時間は、短くても幸せいっぱいだったと思います。
猛暑が続きますが、どうかみなさまお疲れが出ませんよう、お体をお労りください。
こうだい母

NICUサポートプロジェクト  
No title

> こうだい母さん、メッセージありがとうございます。「忘れない」人がいる限り、その人は生き続けているのだと思えています。くるみちゃんご家族の日々を心に留めながらこうだいくんと共に生きていってくだされば、それがご供養だと思えます。心通うメッセージありがとうございました。