ドキュメント 男・村田の再出発7

に続いて、今朝の毎日新聞2面に
第7回(最終回)が掲載されていましたね。

最終回は新生児医療についての記事でも
ありました。




取材をお願したら快諾してくださったひろとくんのパパさんの
言葉に共感し、
「どんな状況でも光を見出そうとする男」
という言葉に共感・感動の記事の結びでした。

中村記者さんをはじめ毎日新聞の皆様との
ご縁に感謝でした。

村田選手の連載新聞記事は10年ぶりな気がします。

そして、

https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">

のご家族の物語の続きを今回、連載していただいた気がしていました。
新生児医療は赤ちゃんの命を救うとともにご家族の未来を支えて
行きたい医療なんだと改めて気づかせていただくような記事に感謝でした。


最終回の写真は自分が提供したお写真でした。


のかいせいくんとママさん、下風先生と村田親子の写真です。
きっと村田選手を励ましてくれたかいせいくんの可愛らしさと
ママさんと下風先生の笑顔だったのではないかと
思える写真を提供しました。

この訪問の翌日、かいせいくんのパパさん、新聞各紙を購入して
写真掲載される事期待したけど、写真掲載なかったと残念がって
おられた記憶があって、、、今回の取材のときにこの写真を
掲載してくれたらと提案しました。掲載してくださった
毎日新聞の皆様に感謝です。

村田選手ご家族は新生児医療支援を通じて、
NICUでの生と死、後遺症の有無を越えて
様々なご家族を励ましてくれてきたと思います。

村田選手の記事の中で
コウノドリに続いて、


かいせいくんとママさん、パパさんの日々、
生きた証を讃えてくれた気がしました。

今回の新聞記事にかいせいくんのパパさんやママさん、
が気づいてくださったらと思えています。
そして、天に先に還ったかいせいくんをはじめとした
子供達にも天から村田選手を一緒に応援していてねと
思える本日の記事でした。


村田選手、プロ野球復帰までのタイムリミット,
後2週間、どこか英断があるのをNICUから最後まで
祈っていたいと思います。





ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。

下記にクリックしてくだされば幸いです。
  






https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">




https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
海ちゃんママ  
No title

豊島先生、nicuの皆様こんにちは。
海聖の両親です。
あれから約5ヶ月経ちますが、いまだに海聖の事を取り上げてくださること、忘れずにいて下さってること、本当に嬉しく感じ感謝しています。
村田選手に頑張って大きくなってね!と声をかけて頂いたことがまだついこないだのように感じます。
nicuの改装が少しずつ進んでいるのをいつもブログで拝見しています。
少し前に微々たる金額ではありますが寄付をさせて頂いて、少しでもnicuで頑張っている赤ちゃん達の為に使っていただければと思います。
毎日暑い日が続きますので、先生方、スタッフの方々も体調に気をつけてお過ごしください。

NICUサポートプロジェクト  
No title

> 海ちゃんママさん、パパさん、新聞に気づいてくださって居たのなら嬉しく感じました。村田選手とかいちゃんの出会いの刻が改めて掲載されて自分自身がすごく嬉しく感じて居ました。寄付してくださった方の名簿を月末にいただくのですが先月、もしかしたらと同じ名字に思えて居ました。お気持ちありがとうございます。大切に活かさせていただきます。寄附してくださった皆様には新しいNICUのオープン時に何らかのお礼をさせていただけたらと思えて居ます。その時にお会いできればと思えて居ます。<寄附してくださった皆様にはktoyoshima@kcmc.jpに「寄附への想い」として写真やメッセージいただけたらとお願いして居ます。ぜひ、いかがでしょうか? では、またお会いできる日を楽しみにして居ます。