「コウノドリ」を我が事に感じて志す看護師さんが生まれたら:神奈川歯科大学看護学科で周産期・小児・在宅・重心医療の講義

長島先生がきてくれていた
韓国出張当日のNICU卒業生のフォローアップ外来、

「コウノドリ」レギュラーともいえるなおとくん役の仁君や



昨年のコウノドリ第3話のNICU卒業生の
同窓会シーンにママさんと登場していた
ゆうたくんもご家族できてくれて近況を伝えてくれました。


学校生活での喜びや悩みをシェアさせていただきつつ、
モデルをしたというかっこいい写真などをみせてもらって
それぞれの今を讃えたい気持ちになっていました。


などで韓国のNICUスタッフもコウノドリスタッフが多いことを
実感しながら帰国。

韓国講演から戻って翌々日、すぐは神奈川県看護協会のご依頼での
下記の講演会を担当してきました。

重心施設で働く看護師さんがいなくて困っているという趣旨も
含めて神奈川県と神奈川県看護協会の皆様にご提案を受けてこの
講義で県内の看護学校を回ってきました。

厚木、平塚茅ヶ崎、藤沢、小田原、横浜
の6つの看護学校でこの講義をしてきましたが、
この日は7つ目、


横須賀にやってきました。


搬送やカンファレンスできたことがある米軍基地の近くにある
神奈川歯科大学看護学科で講義してきました。



たくさんの看護学生さんが集まる講堂で
90分間の講義をしてきました。




周産期センターにやってきたときのご家族の困惑の
場面を「コウノドリ」で紹介しながら、サクラ先生や
今橋先生の言葉を借りながら、


当院取材報道の動画を交えつつ。


子役として登場していた子供たちのNICU時代のことを
ご家族と交わした言葉などを中心にお話しさせていただきました。


重心の医療を伝えるのは自分では約不足かと思いますが
新生児医療に関心をもって小児科の看護師さんを目指してくれる
学生さんが増えれば、

ひいてはNICUだけでなく、小児医療や在宅・重心医療に進む
看護師さんが増えていくことになるだろうと思いながら
講義を担当しています。


新生生児医療から
始まる様々な子供たちの診療や外来の様子やご家族の言葉を
これから看護師さんたちになる学生さんたちに問わず語りで
伝えてきました。

ドラマの場面を流すときに注意しているのは
<物語>や<非現実>と思って欲しくないということです。
サクラ先生が


「僕らは医療を描くドラマでなく、医療に携わるご家族の皆様を
描くドラマにしていきたいと思っています。
泣いて生まれてくるのだから笑って迎えたい、
おめでとうと言える言葉が本当の意味が日常の中にあることを
伝えていけたらと思うので、ぜひ受け取ってください」
と最後に話してくれた想いが看護学生さんに届けばと
思っていました。

1人でも2人でも、我がことに感じて、
自分も支える側になろうと思う看護学生さんが
この講堂の中にいたらいいなと思いながら話していました。





一番前で真摯に聞いてくれていた視線と心が伝わる気がしたのは
京都大学から国内留学中の
花岡先生でした。


せっかく横須賀までついてきてくれたらから、
夕食を横須賀の街で海軍カレーの店を探してみました。
海軍カレーの店をみつけるのは簡単でないことを気づきつつ、
授業の感想などを聞かせてくれてこれもたくさんの気づきを
もらいました。


横須賀カレー、うまく見つけられず断念、
結局、
七夕な雰囲気の横浜弘明寺に舞い戻り、

台湾からのNICU見学者に人気だった
夕食をとったこの日でした。

NICUの中で伝えられることもあるけど、こういう看護学校の
講義などに同行してもらうことで聞いてもらえる話や看護学校の
学生さんや先生の反応をみながら新生児医療を俯瞰的に感じる
機会も大切かなと花岡先生と新生児医療を語りながら

ふとめん、豚骨醤油の家系ラーメンを花岡先生と
味わってきました。


ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。

下記にクリックしてくだされば幸いです。
  






https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">




https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.