Tatsooこと長島達郎先生:「オーストラリア小児医療における寄附基金」(寄付金勉強会3)



本日のNICUです。胎児のときから存じ上げている
こうだいくん、カメラ目線に成長を感じました。


エコーが2台並んで研修医の先生たちがそれぞれの赤ちゃんの
様子をみている光景が頼もしくも思えました。

自分は朝から改築工事、倫理委員会ヒアリング、改築工事、
内科系科長会と会議が続いた1日でしたが
夕方、こども医療センターを
以来の5年ぶりに訪問してくださったのは

長島達郎先生でした。5年ぶりの再会、
確かにミージシャンのオーラを感じました。

下記の講演会をお願いしていました。



https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:visible;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;" target="_blank">https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:visible;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;" target="_blank">
https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:visible;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;" target="_blank">



オーストラリアのNICU医療基金についての
講演をお願いしていました。




上記のホームページをご紹介してくださいましたが
多くの方に上記のHPをご覧いただき、
シェアして欲しいと思えた
上記のホームページを運営する
Mater Foundeationの理念と活動でした。

基金・患者家族・医療者で一体となって
NICU医療や小児医療に必要な基金を集めていく
取り組みに驚愕の気持ちでした。


オーストラリアのNICUでは年間280名の極低出生体重児が入院するそうですが
神奈川県立こども医療センターの 30倍近い寄附が寄せられて、
今の医療をよりよくする医療機器の購入、未来の医療をよくする研究への支援
があるということでした。

オリジナルグッズの販売、寄附集めのイベント、宝くじなどの
開催などを100名近い人が働いているMater Foundationが
小児医療を応援している会社のように存在しているということです。



その活動と実績を長島先生からお聞きしました。

長島先生は
文化と財政の違いが大きいということを話していましたね。
オーストラリアはキリスト教の宗教が背景にあるせいか、
困っているかもしれない人たちに寄附するのが当たり前の
文化がある、東日本大震災のときは小学校で日本に向けての
募金などが自然と執り行われる、寄附や募金などを小さな時から
当たり前のように体感している文化がある。



確定申告などで戻ってくることを考えると税金を自分の
大切に思えることにより使ってもらうためにも寄附をする
国民意識があるという部分を伝えてくれていましたね。




オーストラリアで働く医師として、日本でも
あったらいいだろうになと思えることをアドバイスしてくれていました。


危機的財政状況。。。という
言葉ばかり伝えらえる神奈川県立病院機構、給料や待遇が
いいわけでもないわけで、どこをこれ以上引きしめようがあるのか
と思えることがあります。


寄附などの体制づくりがないかぎり、神奈川県立病院機構の
中で小児医療は立ち行かないのだと思えています。そういうことを
嘆いているだけでなく、何かできることはないのかということを
考えるきっかけをくれるように長島先生の講演に思えました。




に続く寄付金勉強会3でした。
これまでの勉強会の踏まえて、日本は寄附などが
集まらない文化。。。という固定観念が本当にそうなのだろうか、
みんなで文化や税制を変えていくことを目指せたらとも思えていました。


帰国の度に恋しくなるココイチカレーに二人でいって
5年ぶりの語らいを心温かく感じました。


https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
などでずっと行動を共にしてくれた同志と思える長島先生です。

明日もこども医療センターに来てくださる予定の
長島先生。明日はオーストラリアでシンガーソングライターとして
デビューしたTatsooとしてボランティアリサイタルの予定です。

多くの方にご参加いただければ、
自分もうれしく感じます。



ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。
下記にクリックしてくだされば幸いです。
  



下記、引き続きみなさまよろしくお願いいたします。


https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">




https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">




https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">



https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;" target="_blank">
https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:visible;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.