仲間が集っているのを感じる:第42回神奈川県新生児研究会の報告

土曜日は第42回神奈川県新生児研究会でした。
この時期と秋に年2回の研究会です。
神奈川県内の新生児科医同士の情報交換、若手の育成の場、
合同の勉強会を目指しています。


諸先輩からこの時期の研究会の事務局を受け継ぎ、4年目の会です。


他県の同様の研究会に講演に招待されることがあると
神奈川県内は少し盛り上がりが少ないかなと想える自戒の
気持ちで、研究会の企画や事務局を引き受けさせていただきました。

特別講演は呼吸や循環の急性期管理に関する内容にしたり
広報活動などできることをしたいと思えていました。


この数年で神奈川に加わってくれた新生児医療仲間が増えてきている
気がします。

千葉から母校、横浜市大に戻ってきてくださった
市大センター病院の西先生。


東京の本院から昭和大学横浜市北部病院に異動してくださった
村瀬先生。


そして、東京から北里大学の教授として赴任してくれた中西教授
と年々、心強く感じる新生児医療仲間と想える先生方が集結して
いる気がします。


座長をお願いした中西教授と
神奈川県の新生児医療の要の1つの茅ヶ崎市立病院の小田先生、

各施設から様々なご発表があって活発な意見交換になっている気がしました。


お互いの経験や取り組みを共有できることの心強さを感じました。

当院からは新生児専門研修医になってくれている

勝又先生と稲垣先生に発表をお願いしました。
昨年はNICUで留守番しながら経験を積んでもらった二人。


その1年での経験や成長を基に2年目は当院の発信係をお願い
したい部分です。二人とも下風先生に指導してもらいながら
しっかり準備し、堂々と発表して
くれていました。


小児科後期研修医(ジュニアレジデント)の頃から知る
二人が新生児科医として多施設の中で発表している姿を
心強く嬉しく感じていました。

どの施設でも指導医はそういう気持ちなのかなと
わかってきた自分です。

特別講演は
のシンポジウムをご一緒した直後からお願いするつもりだった
埼玉医大総合医療センターNICUの石黒先生に
上記のシンポジウムの拡大版として


「~その血圧、大丈夫?~組織循環指標による循環評価と管理」
 をお願いしました。


埼玉医科大学総合医療センターの忙しい臨床の中でも
データを地道に取り続け、分析し、国際雑誌などにも
しっかり報告している石黒先生のファンな自分です。

この日も皮膚循環モニターや心エコー指標などを合わせて
NICUにおける循環管理の様々な分析や考察、提案をしてくれていた
石黒先生でした。


その人柄や取り組みに感銘を覚えた素晴らしい
ご講演で、次は院内でさらに遠隔講演会の機会を作りたい
気がしていました。


見守ってくれている猪谷先生に感謝しつつ、
そのご挨拶で無事に研究会を終えて安堵でした。


研究会の後は懇親会でした。後輩世代の先生方ともに
石黒先生に講演の質問や講演以外の情報交換がたくさんできて
大変楽しい時間でした。


神奈川県、だんだん仲間が増えてきている
実感があります。

後輩世代の先生方もたくさん行動を共にしてくれて
心強く感じる、みんなで神奈川で生まれる赤ちゃんを
よりよくすくっていきたいという想いを交換できるような
時間で、元気をいただいた気がしました。



中西教授が作ってくれた下記のセミナーも開催予定です。
早くも定員の半数を超えている状況ということに未来の仲間を
共に育てていけたらと思います。






ご意見ご感想など
お寄せくだされば心強く感じます。

下記、のご寄付のお願い
引き続きみなさまよろしくお願いいたします。




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
yty*****  
No title

こんばんは!今日、初めて先生のブログに辿りつきました。
涙がポロポロでてきました。
私の息子は東京の日赤医療センターで生まれました。
21週で破水、24.週に564gの出産でした。
毎日、保育器の前で、ママ帰るね、また明日も会おうね。と約束したいたのを思い出しました。
そんな息子は今年で5歳。体は細身ですが病気や、後遺症なく、とっても元気にそだっています。現状抱えている問題としては、早く産まれた事によって、予定日の学年より、1つ上の学年のお子さんとの生活をしなければならず、来年年長ということもあり、小学校の就学猶予について調べているところでした。発達検査では12ヶ月の遅れあり、療育期間に通って、頑張って、頑張って。でも、できなくて。この子にとって背伸びは難しいんじゃないか?どんな環境が幸せなのだろうと、ずっとずっと悩んでいましたが、
先生のブログにたどり着き、
元気にそだってくれて、毎日笑顔を見れているんだ。焦る事ない。と思えました。
有りがとうございました。

NICUサポートプロジェクト  
No title

> yty*****さん、ブログに辿り着いた感想、ありがとうございます。就学相談の時間が多いこの季節です。「その子、その子にあった教育環境を考える」が大切、<同じ>じゃなくてもいいんだよ、、、と伝えることが大切な時もあるかなと思えています。毎日の笑顔が続く場所を見つけられるといいですね。今後ともメッセージお寄せくだされば心強く感じます。ありがとうございました。