サクラ先生のピアノでNICU卒業生親睦会に感動:「コウノドリ」第3話への感想(後編) 

の続き後編です。

最後の5分、今橋先生の要望でサクラ先生が
NICU卒業生の親睦会でピアノを演奏するというシーンがありましたね。

台本でこのシーンがあることを知った時に
夢のように思えました。

コウノドリがご縁をくださった音楽監修の清塚さんに

わがままをいって2年前にこども医療センターで
音楽コンサートをしていただきました。

その時のお子さんやご家族の笑顔をみて、医療だけで
人が生きている幸せを届けられるわけでない、、、
音楽のチカラを知った自分でした。

そのシーンに数家族のNICU卒業生のエキストラ参加を
お誘い頂いのですが、ロケの前に外来で出会って
コウノドリの話をしてくれたご家族
をお誘いしているうちにいっぱい誘い
過ぎてしまい、、、

今回のシーンには11組のNICU卒業生のご家族
ロケ地まできてくれていました。



サクラ先生の
「今日はきてくれてありがとうございます。」
楽しんでいってくださいという言葉はそのまま、
ドラマというより現実のピアノコンサート
になっていたと思います。


サクラ先生の取り囲むような最前列は
本物のNICU卒業生のご家族達であり、
サクラ先生が弾く
コンサートをNICUピアノ親睦会に
なっているように思えていました。



コンサートの場面のホワイトボード、


よくみると当院のNICUに看護師長さん達が
今年作ってくれた<ありがとうボード>
あるのを見つけました。

当院のボードを
コウノドリスタッフの皆様がみつけペルソナにも
作ってくれたのだと思います。美術の皆様の
こだわりと実現力にいつも敬服です。



NICU入院中のゆいねちゃんとママさんの
言葉がそこにあるように感じて、心寄せてくれた
コウノドリスタッフの皆様に感謝でした。

このコンサート、
4時間近いロケ撮影になりました。

自分も
子供達とご家族の支えになれたらと思って
学会抜け出して途中参加していました。

みんな
最後まで一緒に撮影乗り切れたらと思いながら
合間に子供達とご家族とお話しさせていただいて
いました。
 

この中には、


前回の第4話で400g台で出生するだいちくんの
演じたさくたろうくん

第9話でバックトランスファーで
他の家族にNICUベッドを譲ったゆうたくん役のみなとくんが
あやかさんご家族のそばにいましたしね。

最終回に登場した在胎23週生まれだったちひろくんとともに
ペルソナNICU卒業生として参加していました。

今月初めの情熱大陸でも放送された

https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:visible;background-position:-552px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;" target="_blank">
のときはNICUにいたそうちゃんとご家族が

NICU卒業してこの場所にきてくれたことを嬉しくも感じていました。

また、NICU卒業生は早産・低体重児だけではない
様々な生まれつきの御疾患のお子さん、経験栄養、
胃瘻、車椅子、在宅人工呼吸管理など様々な医療ケア
とともにご家族と生きてきた様々な年代、状況のお子さんと
ともにサクラ先生のピアノを一緒に聞いてくれました。


NICU卒業生のご家族に共通の優しい雰囲気や笑顔を
みんなで伝えてくださり、それぞれの
お子さんやご家族を讃えたい気持ちでした。

コウノドリのエキストラに応募してくださり、
NICU卒業生のご家族を演じてくださったご家族に
混じるNICU卒業生のお子さんとご家族にドラマの
中だけでなく、実際の街の中でもこういう<共に生きる>
雰囲気が広がればと思っていました。
 


 NICU長期入院のたっくん、授業参観を終えて、ロケ地に
参加でした。

ペルソナの看護師さんたちの中でも現実と
同じように
お気に入りの看護師さんを見つけていましたね。
タイプが一貫しているたっくんです。

その看護師さんが撮影の最中、
たっくんの笑顔を輝かせてくれるように、
ご家族と自分が普段するようなことをタイミング
よく実行してくださり、たっくんの笑顔を輝かせてくださる
様子に感動しました。



コウノドリに出ている産科病棟や
NICUに登場している女優さんたち
実際の看護師さん達と同じ
子供達に心寄せてくださる雰囲気に感動でした。

前回も最終回ロケのときにNICUでお話ししたことをよく
覚えているペルソナ産科の看護師さん、この日もそれ以降の
2年間のこと、このブログを
よく読んでくださっていることに感謝し、<大きな
家族>を感じていると伝えてくれた言葉にも感動でした。
言葉力を感じるペルソナの皆様ですね。

テレビにも放送された最前列の子供達とご家族がサクラ先生の
ピアノに心寄せているシーン、
それを自分と一緒にモニターでみていてスタッフの方が
涙を流してくれていました。
「かわいい。。。よかった。。。」
と伝えてくれる言葉と涙に
自分も感動していました。

このシーンの意味を理解してくださる
コウノドリスタッフの皆様との
出会いと優しさに感謝でした。
 
コンサート終了後は
出演者の皆様のご厚意でNICU卒業生ご家族
との記念撮影になりました。写真はここに
載せられないのですが想像していただければと
思い書き残します。

どもたちにお礼をかけてまわってくださる
サクラ先生や下屋先生。
「両方助けたい」と叫んだ命の先、大地くんやくの
さくたろうくんに声をかけてくださる下屋先生、

たっくんに心寄せてくれた四宮先生でしたし、
自分の気持ちのこころよせてくださっているように
横にきてくれた今橋先生と並べて感謝の
ペルソナNICUピアノ親睦会の記念撮影の写真でした。
 
自分はドラマを手伝っているのではなく、
このドラマのスタッフや出演者に周産期医療や
小児医療を応援してもらっている
プライスレスな機会なんだと
改めて感じたコンサートでした。

今橋先生の素敵な提案に感謝でした。

ご参加の皆様、それぞれの体験、感想、想いを
直接、コメント欄で一緒にお伝え下されば
ありがたく感じます。

この度はありがとうございました。



フォローしてくださると嬉しく感じます。



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 7

There are no comments yet.
whm*g8*5  
No title

豊島先生 ありがとうございました😊
誘ってくださって感謝いたします。
けいたが産まれたことで、複雑な一生を背負っていかねばならないと妻、共々感じていた我が家に、光を灯してくださって大変感謝しております。
貴重な体験をさせていただき、家族中、大興奮でした。
豊島先生には、昨年度、私の職場の小学6年生に向けても、コウノドリの動画を使いながら、とても感動の講演会をしていただきました。
また、勝手ながら、来校して講演していただきたいとも思いました。
先生も、お忙しいと思います。ご自愛ください。
けいたの父

taisei_papa  
No title

豊島先生、お誘いありがとうございます。さくら先生のピアノよりも看護師さん役の女優さんたちに夢中の太晴でした。NICUにいた頃のお気に入りの看護師さんに、面影が似ている女優さんにデレデレでしたね(笑)午前中の授業参観を終えての参加でしたので、疲れてはいましたが、周りのサポートで楽しく過ごせました。
最後の撮影のとき、気がつけば目の前にさくら先生、横には四宮先生と看護師さんたち、振り返ると今橋先生に囲まれ、夢のような記念撮影会でした。
そして一緒に参加したNICU卒業生家族の中に、太晴のファンの方がいて、色々とお話しできましたささ、偶然、昔NICUで隣のベッドだったご家族とも久々の再会を果たし、シーンは最後の5分間でしたが、本当にそれ以上の凝縮した一日でした。あらためて感謝します。ありがとうございました。

ゆうのちゃんお母さん  
No title

先日は、声を掛けて頂き夢のような時間を過ごす事が出来私にとっても娘にとっても素敵な思い出となりました。
撮影中うるさくして仕舞い演奏し演技してる綾野剛さんに申し訳なく思ってたら綾野剛さんから『お母さん大丈夫ですよ😃』と、言って頂き綾野剛さんでは無くサクラ先生の言葉でした。
下屋先生にも抱っこしてもらい嬉しかったです。

けいた母  
No title

先日はありがとうございまいた。こーたくんやたっくんファミリーとも再会できて嬉しかったし(、コウノドリに御出演されていたり、先生のブログで拝見していた方々とリアルに会えて、あの場を共感できる機会をいただけたことに感謝です。病院についた時には、女性スタッフの方が、すぐに私たちに寄ってきてくださり、「豊島先生のお誘いですかね?」と声をかけてくださいました。けいた姉が、「すごい~なんでわかったんだろう?」と大きなつぶやきをしたら、笑顔で「いらっしゃる時間だったからね。ご参加ありがとうございます。」とけいた姉に声をかけてくださいました。そして、NICU卒業生エキストラのみなさんの控室を用意してくださいました。お手伝いしたがりのけいたにもやさしく接してくださり、なんだかお忙しいというのに優しい方でできた方で。折に触れて他のスタッフの方たちも「今日はありがとうございます」とお礼の言葉をかけてくださって恐縮でした。サクラ先生も「今日はありがとうございます。楽しんでいってください」と声をかけてくださっていましたし。人の優しさに多く触れた一日で夢のような一日でした(涙)。つづく

けいた母  
No title

四宮先生も「参加くださりありがとうございました」と声をかけてくださいました。もう感激で…夢のようでした。ドキドキして何も言えず握手してもらいました。「手伝うじゃない。あんたの子どもだよ」のセリフ最高でした!って伝えたかったです。あと、オモえもんのファンですっていいたかった(笑)。撮影の合間にサクラ先生とピアニストの清塚さんが即興セッション?をしていたりして、なんてプライスレスな時間なのだろうと感激でした。今橋先生がドラマで「なかなか音楽を聴きに行く余裕もなかったりするからね」と卒業生の親睦会でのコンサートを提案してくださっていましたが、本当にその通りで。けいたは、なかなか公共のマナーを守ることがきついので、周囲に迷惑がかかりことになると思うとでかけるのを躊躇してしまうのが実情で。村田選手のNICU観戦会ではNICU卒業生であることで周囲があたたかく見守ってくださっていたりして。今回も、本当にスタッフ&キャストのみなさまもエキストラのみなさまも本当にやさしくてあたたかくて。つづく

けいた母  
No title

パパは、俳優さんたちと一緒の写真撮影に大喜びでした。帰りの車で「あの写真みたいなあ~。欲しいな~」と、しきりに申しておりました(笑)けいた誕生からこんな日があるとは思いもよらなかったかと思います(笑)。けいた姉は「テレビに映らなくてもぜんぜんいい!あの空間にいれただけですごい!すごい~とけいたと豊島先生に感謝だな~」と。家に帰ると、手を洗う前に「あ・・・・せっかくサクラ先生と下屋先生と握手したけど・・・洗わなきゃだ・・・」と言っていました。肝心のけいたですが、俳優のみなさまよりも、豊島先生に会えたことや、ゆうのちゃんと一緒に過ごせたことが一番楽しかったようでした(笑)。長くなりましたありがとうございました。

せら母  
No title

豊島先生、
昨年秋に父が末期の膠芽腫を発病し、P病院に足を運ぶ日々でしたが、まさか豊島先生やたっくんご家族と再会し、コンサートを聴く事が出来るなんて、夢にも思いませんでした!

偶然その場にいた入院患者さん達やご家族も、サクラ先生の奏でる美しい演奏に聴き入り、癒されたと思います。
コウノドリ番組制作に携わるスタッフの皆さんの真剣な思いや子供達やご家族を気遣う俳優さん達の優しさを感じる事が出来た、素敵なコンサートでした。
その日は私の誕生日でした。お空にいる娘と、闘病中の父からのサプライズプレゼントだったようです。
娘がNICUを卒業して6年が経ちますが、コウノドリを観る度に、あの頃の様々な気待ちが込み上げてきます。
豊島先生や川瀧先生の優しい眼差し、看護師さん達の励まし、嬉しい事も悲しい事も一緒に乗り越えた仲間達との時間は一生忘れません。
その後、父は緩和病棟に移りました。今日もP病院の陽当たりの良い部屋で一緒に過ごしています。