動脈管開存症の手術(育て!極限の小さな命 NICU密着168時間)

瞬坊さん?やおたけさん、れいなさんのご家族が乗り越えてきた動脈管開存症ですが、昨日の写真のゆうたくんが手術に向かう当日にご家族が取材をうけてくださったことを想い出しました。昨年のNICU特集記事が以下にあります。

この特集はNICUは早産児だけでなく、様々な理由で入院し、様々な経過をたどることがあり、ご家族や医療者の想いも様々にある場所だと言うことが伝わるいい記事かなと共感しました。皆様、宜しかったらご覧下さい。ご意見ご感想などありましたらお聞かせ下さい。                   











関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 3

There are no comments yet.
rorochan  
No title

私もこの手術したんでなんかすげーて思いました

shi**yui10*8  
No title

思わず書き込んでしまいました。
先生が紹介して下さったゆうたの母です。

久しぶりに読んで、いろいろと思い出しました。
動脈管の手術はまだ産まれてまもなかったし、心配で心配で仕方なかったです。
あんな小さな体の手術をする先生に感動したのも覚えています。

懐かしいと思える事が、とても幸せです

nicu_sp_blog  
No title

rorochanさん、ゆうたママさん、コメント嬉しく感じました。
小さな体を傷をつけて手術することに躊躇いもありつつ、いつ
も手術をご説明しています。乗り越えた皆様は私達の躊躇いの
背中を押してくれることなんだなと感じました。
私はもっといい動脈管を閉じる方法を見つけて行きたいと
夢見ています。頑張ろうと思います。神奈川こどもNICUの豊島でした。