コウノドリの超早産児のその後は? 「NICU極限の小さな命」の7年後


上記の記事、1日で2500名を超える皆様が
読んでくださったようで、ありがたく感じました。

夏休み期間はNICU卒業生のフォローアップ外来が
いつも以上に混雑します。その様子を伝えていけたらと思います。



ドラマ「コウノドリ」にもNICUの赤ちゃん役で登場してくださった
そうたくんとパパさんとママさんですね。大変楽しげな様子に
会えて嬉しく感じました。


にも参加してくださったときの写真がありますが、


担当してくれた青森に戻られた伊藤先生にもお伝えしたいと
思ったそうたくんご家族の素敵さでした。


同じく1000g未満で出生したみらんちゃんです。
自分の言葉で受け答えしてくれているのを嬉しく感じました。


夏休みは、退院したばかり赤ちゃんから、小学生、中学生まで
たくさんの時間の地点にいるお子さんとご家族との再会です。

NICU医療が<後遺症少なく救命>を
目指すのが役目であると共に

救われた子供たちが生きづらく感じることが少ないように
発達支援が大切なのがNICU卒業生のフォローアップ外来
の役目だと思います。

集中治療も発達支援もしっかりできるNICUを
目指していけたらと願っています。

それぞれの年代の喜びや悩みを共有しながら、その先を一緒に
目指していけたらと思ってフォローアップ外来を担当しています。


でNICU医療を密着取材していただいた記事、
上記をクリックしていただければ読むことができます。
NICUの様々なことを伝えてくれた記事だと当時感謝した記事です。

その中で、在胎23週で生まれ、未熟児動脈管開存症の手術を
せざるを得なくなった赤ちゃん、ゆうたくんとご両親が
登場されています。


の121ページから、村田家のママさんとの交流の励ましさに
ついて書いてくださったゆうたくんのママさんでした。


皆の記憶に残る重症の赤ちゃんの1人でした。
自分にとっては後輩世代の先生と組むことなく、
一人で担当医をした最後の超早産児でした。


7年前の今頃、経管栄養で在宅医療に移行した日のことを
今でもよく覚えています。


2歳の時のひまわり会の時に、歩き回る姿、


外来の音楽会のピアノに駆け寄り踊っていた姿がこのブログに
残っていますが懐かしく見返しました。

少し、落ち着きないかな。。。と心配しつつ、
様々なことに関心をもっているという特性かもしれないから
見守っていけたらと思っていました。




ママさんの
「自分が気づかないだけかもしれないけど、困ったことがない、、、
すごくいい子」という言葉を嬉しく感じました。
いいところをしっかり褒めてあげているママさんの笑顔も
素敵に感じていました。

体操クラブとサッカー部を掛け持ちしている
ことを聞いて、様々なことにチャレンジしようとする
少年に成長していることを嬉しく感じました。

素敵な笑顔のまま、成長していくのを
NICUから応援し続けて入られたらと思う日でした。

「コウノドリ」のドラマは終わっても、原作も
NICUからはじまるたくさんのご家族の物語は
今も続いています。

コメントでなくても毎日,下記をクリックしてくださっている
皆様にも新生児医療を社会に伝えるお手伝いをしていただいている
と毎日感謝しています。ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記に参加してみました。
下記クリックするとわかりますが,
ブログランキングで上位になって
いました。
みんなで身近に感じてもらえるきっかけを作れたらと
思います。下記のどれかにクリックしていただけると嬉しく感じます。
(スマホの場合はパソコン版にした上でクリックが必要のようです)

 

   
  









関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
ake**win*ama3  
No title

毎日、小さな未来の勇者のために、お仕事、ありがとうございます。
うちの4歳女児双子も、NICUで、一緒に子育てをスタートしました。
現在も、お誕生日ごろにフォローアップ受診をして経過を診ていただいています。
さて、ネットの情報等で、在胎期間が短く、出生体重が少ない赤ちゃんは、肥満傾向にあるということを目にしました。実際、うちの双子も、身長、体重とも、成長曲線内ではありますが、体重が多めです。食事など、どのようなことに気をつけてあげたら、よいのでしょうか。
未熟児で産まれたことの事実は、変えられないですが、その後のやり方や工夫で少しでも役に立てたらと思い、コメントさせていただきました。

NICUサポートプロジェクト  
No title

> ake**win*ama3さん、「未熟児で産まれたことの事実は、変えられないですが、その後のやり方や工夫で少しでも役に立てたらと思い、コメントさせていただきました。」というお気持ちに共感します。すぐに肥満になるわけではないです。ただ、こどもたちには食べ過ぎると太りやすいからね。。。ということは暗に伝え続ける方がいいかもしれませんね。今、肥満かどうかは自分にはわからないので、是非、目の前で診て一緒に考えて下さる新生児科医や小児科医の先生にご相談してみてはと想います。メッセージありがとうございました。