秋葉中学校区地区懇談会で「NICUのいのちの講演会」

先週の書き残しておきたいことを書く前に
本日のことを書かせていただきます。

夕方、こども医療センターから車で7分の
ところにある横浜市立秋葉中学校に出張しました。


体育館で既に開催している地区懇談会に参加しました。
横浜市戸塚周辺の小中学校の教員、PTA役員、保護者の方々、
180名近くの皆様が集まる懇談会です。


地区の小中学校の生徒さん達へのアンケート調査の結果などを
お聞きしてきました。

コウノドリをみていた生徒さんという問いには33%の生徒さんが
みていたということでした。

NICU卒業生のご家族の顔も散見される会場でした。
みかけたご家族のお写真を直前でスライドに盛り込む作業を
していました。みんなで一緒に伝えたいという気持ちから
です。

この後、自分が<NICUの講演>をさせていただきました。


http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:visible;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
を流させていただいた後、


に書き残している小児科学会の市民公開シンポジウムで話したような内容を
拡大して1時間お話しさせていただきました。


の動画や

の本、

交えてお話ししてきました。



たっくんの学校もある地区だなと思って
たっくんのお話も盛り込んできました。
NICUから今にいたるご家族の日々や想いをお伝えして
学校の支援につながればと思えてでした。

病気を説明すると言うよりはご家族と交わした言葉などを
物語るつもりでお話しさせていただきました。


最後はこども医療センターの改築に向けての夢見ている
コンセプト、神奈川県の未病プロジェクトで担当させて
いただくことになったNICU電子退院手帳プロジェクト
などのお話をして、地域の皆様や学校関係者の皆様に
協力・連携をお願いして終了の講演でした。


今回の講演を企画・サポートして下さった2名の先生です。
どちらもNICU卒業生のご家族でもあります。当時のNICUで
想ったこと、NICU卒業後に感じていることをお二人の言葉で
語って下さいました。

「大人の役目ということをこども達に教えてもらった」
「こども達それぞれに幸せの形はあるはずと想えた」
「こどもたちの笑顔に元気をもらってきた」
「NICUは医療スタッフや他の家族と一緒に大きなチームで
一緒に子育てしてきた気がする」
などなど、NICU卒業生の父親だからこその
お言葉を心強く素敵に感じていました。


NICU卒業生、そのご兄弟、ご家族などが自分の話を聞いてくださり、
それぞれの人生に1頁や記憶の欠片に残れば自分も頑張って
準備とお話しした甲斐を感じます。

NICUから短期研修医の山浦先生とジュニアレジデントの佐藤先生が
同行して下さっていましたが、2人とも自分達が働く職場なのに涙して
聞いて下さっている様子がみえて、優しくていい後輩世代の医師だな
と思えていました。

山浦先生と佐藤先生とNICUにとんぼ返りする意味で
挨拶もそこそこにこども医療センターに戻りました。

企画・準備して下さった皆様、ご参加下さった皆様、
それぞれにありがとうございました。
ご意見ご感想などお寄せ下されば心強く感じます。

コメントでなくても毎日,下記をクリックしてくださっている
皆様にも新生児医療を社会に伝えるお手伝いをしていただいている
と毎日感謝しています。ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記に参加してみました。
下記クリックするとわかりますが,
ブログランキングで上位になって
いました。
みんなで身近に感じてもらえるきっかけを作れたらと
思います。下記のどれかにクリックしていただけると嬉しく感じます。
(スマホの場合はパソコン版にした上でクリックが必要のようです)

 

   
  


http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">






関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 3

There are no comments yet.
はるま  
No title

本日は大変お忙しいなかありがとうございました。しゅうや、りょうやの父です。
『命の授業』を通して様々な気づきをいただきました。講演会の感想を直ぐに参加者より声をかけていただき、とても良かった、勉強することは多い、是非こどもたちにも聞かせてあげたいなど多くの方からいただきました。
講演会の中でもあったように、命を救うだけではない、その先も見通して、医療者とともに、こどもとその取り巻く環境整備が必要だということに、より一層学校教育の役割や責任を感じる機会となりました。
参加者の多くが感じたことを一過性のものとならないようにしていきたいと思っております。本日はありがとうございました。

ひろあつパパ  
No title

ひろき、あつきの父です。本日も職場である学校へ来ていただき、ご講演ありがとうございました。
秋葉中、秋葉小、川上小、品濃小のほとんどの教員、地域の方や多くの保護者の方々を対象とするお話でしたが、コウノドリの映像を交えながらのバージョンアップした内容に改めて感銘を受けました。
毎回豊島先生のご講演の際には、こども医療センターに入院していた子との再会などがありますが、今回も、写真に写られているお子さんの退院の日に入れ替わるようにして息子がこども医療センターに運ばれ入院が始まったことがわかり、同じ時をNICUで過ごしていたのだと、胸の熱くなる思いでした。
これからも、こども達のために我々ができることを探していけたらと思っております。
お忙しい中、本当にありがとうございました。

NICUサポートプロジェクト  
No title

> はるまさん、ひとき&あつきの父さん、お二人が揃って学校で先生として働く姿に会えたのが一番心強く嬉しい機会でした。素晴らしい機会を企画して下さりありがとうございます。こういう機会をもらって話していく中で自分の話す内容も変わってきているし、こういうことを続けることできっと教育現場と医療現場はお互いに一緒に変わっていけるという確信をもちつつあります。お二人の上記の言葉にも感謝と共感を感じて、出会いをくださったお子さん達にも感謝です。これをきっかけに私達の街が変わっていくきっかけを一緒に目指せて行けたらと思います。次は是非、こども達に直接物語りたいですね、一緒に。。。ひろきくんの10歳の誕生日改めましておめでとうございました。では、また。