一緒に過ごせる幸せ (NICU卒業生の笑顔)

水曜日は
を終え、病院に戻ってそのままNICU当直でした。
あいまでご依頼を受けていた助産師さん向けの医学雑誌の
原稿を書き上げていた夜でした。
そして、木曜日の朝です。

当直明けに仲間と思える医師が病院にやってきて、それぞれの
仕事を始める姿はいつも安堵の時間です。

自分はNICU卒業生のお子さん達と再会する
フォローアップ外来をしていました。

成長発達の支援、在宅医療の支援などが自分の
外来の役目とも思っています。


にも一緒に出てくださったかずまくんです。
4ヶ月以上早産で他院でお生まれになり、
途中、自分が往診させていただきこちらの
病院にうつっていただき、治療をさせてただき
元の病院にお送りしたお子さんです。



生死の境にいた時期もある中、NICUを退院して
外来にきてくださった姿に本当に良かったねと
思えました。

「ずっと一緒に過ごせることが嬉しい」というママさんの言葉に
共感しつつ、これからも一緒に成長や発達を見守らせていただけたら
と思いました。


そして、家族の中での時間を大切にする方針で2週間前に
在宅医療に移行したしゅんたろうくんです。

病院の中では見せてくださらなかったような
豊かな表情をしてくださるしゅんたろうくんと再会できて
心から嬉しく感じました。

どんな赤ちゃんでも病院にいるだけが元気が出るわけではない、
家族の中で過ごす時間は子ども達の表情を豊かにし、成長し、
元気だってでてくると改めてしゅんたろうくんから
伝えてもらった気がしました。


「ずっと家族で一緒にいられることが嬉しい」と
伝えてくださったママさんとパパさん。

そして
お姉ちゃんの笑顔、しゅんたろうくんをみつめる表情が
御家族が在宅医療を決意されたからこそのお姉ちゃんの
素敵な笑顔に感じました。

しゅんたろうくんによかったねと改めておもえる再会でした。
桜や春を心待ちにして冬を一緒に乗り越えていきたいですね。


外来の後は小児科病棟での緊急入院や在宅医療を支える診療をしている
病棟でのカンファレンスに参加してきました。
そして、この病棟に入院しているNICU卒業生で在宅医療をしている
お子さん達の御家族とお話ししたりしながらNICUに戻りました。


NICUに戻ると川村先生が自腹で購入したというホワイトボード
に書き込む池田先生と出会いました。

2年前に自分が購入したホワイトボードなのですが
1年半前に研修した池田先生は当時は
豊島先生しか使わない状況だったと当時を伝えながら、
今は回診などでみんなが情報の<見える化>に使う
ようになっていることに驚いたと伝えてくださいました。



回診やカンファレンスに備えて、話すことをホワイトボードに
書きながらまとめていく姿に診療の質改善の行動を感じました。

木曜日は夕方から勉強会を開催しています。


今週は肺高血圧の治療薬であるPDE5阻害薬のタダラフィル:アドシルカの
薬剤の情報提供。

自分がはじめて関わった動物実験の論文は
このPDE5阻害薬の動脈管拡張作用を証明した内容でした。
Momma K, Toyoshima K, Imamura S, Nakanishi T.
Pediatr Res. 2005 Jul;58(1):42-5. Epub 2005 Mar 17.
PDE5阻害薬の臨床への応用がどんどん進んでいることを
興味深く聴かせていただきました。


製薬会社の方からの薬剤の様々な情報提供を受け、質疑応答と
なりました。


続いて猪谷先生が快諾してくださった
について講義をしてくださった勉強会となりました。



NICU卒業後にこの産科医療保障制度に御家族がどう向き合っているか
などを知ることは必須なことと思います。新生児医療を担当する医療者は
理解しておくべき制度だと思います。


勉強会を終えてNICUに戻るとかほちゃんとママさんの
素敵な光景をみました。元気になってよかったですね。

そして、夜は各診療科の仕事が終わった時間帯に
集まっての臨時カンファレンスです。


かほちゃんの診療に関わる新生児科、小児循環器科、腹部外科、心臓外科の
医師が集まって、検査などの情報を確認して、これからの診療方針をみんなで
総意形成して一日の終わりの自分でした。
寝不足が続く今週でしたが、安堵の1日の終わりです。

カンファレンスを終えてNICUに戻ると

後輩世代の先生方が産まれて赤ちゃんの診療をがんばってくれています。
毎日、新しい命は産まれてきます。その日々に押しつぶされずに
日々をみんなで乗り越えていけたらと思います。


2日ぶりに降りる小児病院のある丘を下って帰宅の木曜日でした。

皆様、それぞれにお疲れさまでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記に参加してみました。
下記クリックするとわかりますが,
ブログランキングで上位になって
いました。
みんなで身近に感じてもらえるきっかけを作れたらと
思います。下記のどれかにクリックしていただけると嬉しく感じます。
(スマホの場合はパソコン版にした上でクリックが必要のようです)

 

   
  










関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
かほおやぢ  
No title

遅くまでかほの為にありがとうございます。
かほおやぢです(^^)
またかほの元気な姿が戻ったのも、親身に接して頂いている先生方や看護師さん達のおかげです。
先月の26日から5日連続でかほに会いに行きましたが、さすがに仕事をしないとヤバくなりました(笑)
私は毎日会いに行くことは出来ませんし、ママも帰宅しなければなりません。
私達の見えないところでも、かほの事を想ってくださっている皆様に感謝です。

NICUサポートプロジェクト  
No title

かほおやぢさん,よかったですね。お仕事の役目と面会の生活,両立を成し得ようとしているパパさんの素敵さをいつも感じています。面会これないときの様子を是非,ここで報告させていただきますのでお仕事がんばってください。出てもいいよと言ってくださりいつも感謝です。