NICUに戻ってきた喜び

土曜日の新生児集中治療室(NICU)の24時間当直でした。
今週は水曜日の厚労省勉強会での講演発表
木曜日の外来や胎児カンファレンスなどでなんだかすっかり
燃え尽きた感じの金曜日でした。金曜日の帰り際に土曜日の
24時間当直があたっているのを気づき、延長戦の土曜日でした。


新生児科と小児循環器科で一緒に心エコー中ですね。
本田先生、渡辺先生につづき、
稲垣先生が小児循環器科研修スタートですね。
成長を感じる稲垣先生のエコーぶりを嬉しく感じました。


逆に小児循環器からのNICU研修の加藤先生に
休日出勤のお礼代わりに、一緒に診療しながら
動脈管や上大静脈の正常確認、異常の見つけ方、
胸腺などの見方などをレクチャーしていた朝でした。

ホワイトボートで教えることが、わかりやすいのではないかと
最近試みています。


昨年までは土日は静まり返った外来フロアでしたがタリーズの
灯りと音楽は休日の病院に温かさを伝えてくれている気がします。
土日は並ばなくて済むので昼食を注文させていただきました。

ブログを日々読んでくれているという
小児医療患者さんご家族であり、
小児科医志望のタリーズ店員さんの
「おいしくおいしく作りました」という笑顔に
違わぬおいしいパスタでした。

行楽地のタリーズと、病院のタリーズだと
店員さんに求められる<テンション>や<表情>
も少し異なるかもしれません。

小児病棟入院中の患者さんと店員さんが言葉を交わしていて、
それを微笑みながらみつめている親御さんの光景をみました。

タリーズの店員さん達の<微笑み>が小児病院の病棟から外出の
患者さんや土日に面会にくる面会の親御さんやご兄弟の支えになって
くれるのではないかと感じるタリーズの光景でした。
オレンジクラブの皆様のように、<さりげなく寄り添うような笑顔>
な雰囲気に感じました。

タリーズの店員の皆様、日本一の小児病棟タリーズを
目指してくださればと思います。今後とも頼りにさせていただきます。


こなつさん、目をあけていらっしゃるところにちょうど遭遇しました。
ブログのことを気遣って写真撮らせてくださりありがとうございます。
患者さんやご家族で出てくださりそうなかたが少なく、医療者ばかりの
この数日だったので声かけはいつもありがたいです。


こなつさんに続いて、ブログについての声かけをしてくださり
出てもいいと昨日、笑顔でお申し出くださった
<しょうようくんご家族>です。

しょうようくんのパパさんとママさんとお話した昨日の夕方。

しょうようくんのお兄ちゃんも2年前にこのNICUに数日入院されて、
そして有終の医療をファミリールームなどで過ごし、このNICUから
天に還られたたらとのことです。

それから、このブログをみつけ、お子さんの有終の時間を過ごされた
このNICUのことを日々見守ってくださっていたとのことです。
私の旅がちなこととか、体調を心配もしていたという言葉をくださった
お二人でした。

「この場所にまた、これたことが嬉しくも感じる」という
笑顔の言葉や気持ちが伝わってくる気がしました。


NICUに入院したことを嘆くというのではなく、
NICUの中だけど、しょうようくんの今を大変喜び、
そして慈しんでいらっしゃることを感じる光景が大変、素敵に感じました。


私は、「NICUで有終の医療を経験されたご家族がたくさん、
静かだけど、温かく、お子さんと時間を過ごされたNICUを
故郷のように見続けてくださっていることを感じます。今まで
見守ってくださりありがとうございます。しょうよう君はお兄ちゃんの
ご縁で生まれてここにすぐにきて、そして守られた気がするし、
きっとお兄ちゃんに会いたくてこのNICUにきたかもしれないですね」
とお伝えした時間でした。

お兄ちゃんの授けてくれたご縁を大切にしょうようくんを
ご家族と医療者で一緒に見守っていきたいですね。
また、お写真を撮らせていただきにベットサイドにお伺い
しますね。お話しできて自分も嬉しく感じました。

これで当直半分、終了。

深夜から明け方には書き残したいことが
たくさんあったので続きを改めて書けたらと思います。
ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          
下記に参加してみました。

下記クリックするとわかりますが,
それぞれのブログランキングで上位になって
いました。

みんなで身近に感じてもらえるきっかけを作れたらと

思います。<パソコン版>表示にした上で、

下記のどれかにクリックしていただけると嬉しく感じます。


 

  

                 



http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);background-color:initial;color:rgb(0, 204, 204);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;" target="_blank">
http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);background-color:initial;color:rgb(0, 204, 204);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);background-color:initial;color:rgb(0, 204, 204);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);background-color:initial;color:rgb(0, 204, 204);visibility:visible;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);background-color:initial;color:rgb(0, 204, 204);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);background-color:initial;color:rgb(0, 204, 204);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);background-color:initial;color:rgb(0, 204, 204);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);background-color:initial;color:rgb(0, 204, 204);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);background-color:initial;color:rgb(0, 204, 204);visibility:visible;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
救児の人々 ~ 医療にどこまで求めますか (ロハスメディカル叢書 1)http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=ktoyoshi08-22&l=as2&o=9&a=4990346157



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
しょうようママ  
No title

豊島先生、この度はしょうよいをブログに載せていただきありがとうございました。
私たち夫婦にとってNICUはお空に還った長男との楽しい思い出がたくさんある特別な場所です。今回、長男に引き続き次男もお世話になることとなり、新たな思い出の1ページとしてこちらのブログに登場できたことを嬉しく思っております。
これからもこちらのブログを楽しみにしています。

NICUサポートプロジェクト  
No title

しょうようママさん、パパさん、素敵なメッセージをありがとうございました。<新たな思い出の1ページ>であり、<2人のご兄弟、ご家族の物語は続いている>のかなと思いました。NICUにいる間、また、お写真撮らせていただきますね。今後とも、メッセージお待ちしています。