「つまづいたっていいじゃないか、人間だもの」のカレンダー & NICU卒業生とご家族の素敵な笑顔


水曜日のNICUです。朝の回診風景です。



グレードアップした3次元エコーのソフトの使い勝手を
吟味していた本日です。科学技術の進化を改めて感じつつ、
どう患者さん達によりよく
使いこなせるかを考えていけたらと思います。


食堂で遠くから手をふってくれていることに私が遅れて
気づきました。みらちゃんです。
「あんなに遠くから認識して手を振ってくれているんだ」
ということは
未熟児網膜症に大して何度もレーザー治療を必要として、
さらに視力を守れるかわからないという不安をパパさんと
ママさんに伝えた日のことを想いだしていました。

これもリトルミラクルが起きたんだと
喜びを大きく感じた食堂でした。


古瀬先生に1月12日の
テレビ出演の感想を伝えてくださっていた
NICU卒業のご家族ですね。「いつか息子さんにみせてあげたい」
という言葉に共感しました。


そして、外来で出あった
きーちゃん、初笑顔のお写真ですね。
手術を受けるための他のNICUから移動してきた日、
はじめてママさんにあった日を想いだします。

笑顔が多くなった、いい顔を自分でポーズをきめられるようになった
きーちゃんことに成長を感じ、そして、ママさんの素敵な笑顔に元気を頂いた気がしつつ、
嬉しく写真撮らせていただきました。


またまた、目があって遠くから手を振ってくれているみらちゃんです。
こういう自分たちが守ろうとした生命のその後に出会える、
そして、成長を見守っていたいという気持ちが同じ場所で
もう少し頑張って働き続けようという原動力かもしれません。


そして、本日、3ヶ月早産、1000g未満の超低出生体重児の
わかなさん、NICU卒業でしたね。

お写真を楽しみに希望してくださり
嬉しく感じました。

大変素敵な笑顔のNICU卒業写真ですね。

お誕生日と同様に、NICU卒業日は誰にでもいつか来る日だけど
それぞれに感慨深い、記念日だと思います。NICU卒業はご家族に
とってゴールでなく、スタートかもしれません。


NICUが満杯気味で自転車操業の今週、予定を繰り上げての
退院、次にNICUを必要とするご家族に譲ってくださり、
一緒に未来の命を救おうとしてくださりありがとうございました。

担当の看護師さんに合えなかったのを残念がってくださっていましたが
また、外来受診時に再会できるといいですね。


夕方の退院であり、多くの人に見送られながらのご卒業でしたね。


本日の気持ちを大切に、NICUに入ったから多くの人に救われ、
支えられた命を大切に日々を楽しんでいただければ、NICUスタッフ
として嬉しく感じます。

また、外来で成長のお写真をとらせていただけることを
楽しみにしていますね。


http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
の編集者さんから
頂いた相田みつをさんのカレンダーを掲示していた夕方です。


「つまづいたっていいじゃないか、人間だもの」という
相田みつをさんの詩の写真を撮る川村先生の
横を通り抜けつつ、
私は5時過ぎに病院を出させていただきました。


電車を乗り継ぎ、電車の中で
講演の準備を続けながら約1時間、東京です。

講演を頼まれていた場所にたどりつきました。

講演会の場所は、初めて訪れた場所、

厚生労働省の会議室でした。

大変ありがたく、そして印象に残った講演会
で、話をさせていただいた機会自体を未来に
つながるきっかけの1つになるように感じました。

この模様は改めて書かせていただきます。
皆様、本日もおつかれさまでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
       
下記に参加してみました。

下記クリックするとわかりますが,
それぞれのブログランキングで上位になって
いました。

みんなで身近に感じてもらえるきっかけを作れたらと

思います。<パソコン版>表示にした上で、

下記のどれかにクリックしていただけると嬉しく感じます。


 

  

              



http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:visible;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;" target="_blank">
http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:visible;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
救児の人々 ~ 医療にどこまで求めますか (ロハスメディカル叢書 1)http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=ktoyoshi08-22&l=as2&o=9&a=4990346157




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
☆  
No title

豊島先生お返事ありがとうございます(*^_^*)
プレゼンテーションの件ですが、3月末に発表する予定なので、これから2ヶ月かけて完成させていきます。
写真はこちらのブログから頂いてもよろしいですか?
現場の医師の想いは、私の主治医だった先生にお聴きした、小さな小さなわが子を看取るや
がんばれ!!小さき生命たちよ!などから抜粋して入れさせて頂いています。
そしてNICUが抱える問題についても内容に組み込もうと思っています。
私はNICU卒業生なので分かっていますが、専門的な部分が多いNICUの事を、どう皆に分かりやすく伝えるかが難しい所です。
今後ともご意見お聞かせ頂けると嬉しく思います。
豊島先生もお体にお気をつけて、お仕事頑張って下さい。

NICUサポートプロジェクト  
No title

☆さん、プレゼンテーションがんばってくださいね。ご自分のことを振り返ったり、気持ちを伝えるというので十分素敵なプレゼンになるのではないでしょうか? NICUのことは難しく伝える必要はなく、このブログなどの写真を活用してもいいので写真で視覚的に伝えるというのも大切かもしれませんね。応援しています。