「明日、ママがいない」は差別・偏見につながるのか (NICU卒業生の笑顔)


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

先週チラッとだけみましたが最後までは見続けませんでした。
全国児童養護施設協会からの番組中止の要請などもあったそうで
すね。

自分のNICU卒業生のフォローアップ外来15年近くしていますと
NICUを卒業し、ご家族ではなく、
児童養護施設の職員の方々と一緒に外来に通われているお子さん達も
何名か担当しています。

慈愛に満ちた笑顔や親代わりとして見守るその方々の
姿勢に<こどもは親を選べないけど、この子達はこのような
人たちの笑顔の中で生活していることは不幸と
思うのも違うかな>と感じたことも多々あります。

児童養護施設の現実とかけ離れた物語にならないと
いいなと思います。

一方で、<みんなで目を背ける>というのも違うので
これを機会に児童養護施設に通っているこども達の生活や
気持ち、それを見守る大人達の想いなどを社会の中で共有できる
ような方向に騒動が向かえばと思いますし、ドラマの行方も
そういうメッセージ性が出ると途中打ち切りだけが解決策でも
ないのかなと感じたりしました。




火曜日の新生児集中治療室(NICU)です。改めに生まれる赤ちゃん達を
日々お迎えしている場所です。命を守りたいとみんなで向き合っている
場所です。


お昼に外来フロアで出会ったすっかり合うたびにカメラに向かって
笑顔を向けてくださるようになったNICU卒業生のめいちゃんですね。
ママさんであるきょうちゃんさん、永遠のゼロの映画を
見に行く予定というのでご感想を交換できる
次回を楽しみにしていますね。


そして、ローソンや食堂に続く渡り廊下でお食事中の
あいな&ゆうなさんご家族ですね。4ヶ月以上早産だった双子ちゃん、
NICU入院中から4名の家族の生活がスタートしていましたが
その続きと出会えた気持ちでした。
数ヶ月前を考えるとこれも<リトルミラクル>ですね。
素敵な家族写真に思えました。

登場してくださりありがとうございました。

午後から夜にかけても様々なことがあったNICUです。
<NICUの命>をみんなで改めて考える、自分たちは医療者として
お子さんとご家族に何ができるだろうか?ということを新生児科だけでなく
様々な診療科の先生方や様々な場所の看護師さんが<祈り>に感じるような
気持ちでそれぞれが考え、行動した1日だったと思います。
皆様、それぞれにお疲れさまでした。


私は夜はエコー機器会社の技術の方と、エコー機器の搭載ソフトの
アップグレードや調整をして過ごした夜です。性能を高めて
より安全で精度の高い検査をしていくためには医療者だけでも
出来ないことがあり、こういう医療機器関連会社の皆様との
協力や連携を心強い援軍に思えていました。

その後は,ある申請の締め切り直前で履歴書の提出を求められ、

履歴書とこれまでの関わってきた研究や発表などをまとめる作業を
夜はしていました。英語の論文になっていたものが17,
日本語の論文や総説になっているものが60くらいでしょうかね。
それを見返していた夜でした。

自分の過去にこだわってまとめようとしたもの、よりよくしたいと
思えていたことなどを振り返る気がした時間でした。
また、一緒に取り組んできた先輩達や後輩達の名前をみながら
多くの人たちと出会い、一緒に取り組んできたご縁や昔を
思い出したりしていた時間でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      
下記に参加してみました。

下記クリックするとわかりますが,
それぞれのブログランキングで上位になって
いました。

みんなで身近に感じてもらえるきっかけを作れたらと

思います。<パソコン版>表示にした上で、

下記のどれかにクリックしていただけると嬉しく感じます。


 

  

             


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 7

There are no comments yet.
ベビーマッサージ教室、川島  
No title

こんにちは、今日も先生の記事とNICUをご卒業されたお子さんとご家族の笑顔に、心があたたかくなりました。ありがとうございました。
私はドラマをみてはいないのですが、メディアが人々に訴えるメッセージは大きいだけに、現実とかけ離れた内容や脚色はとても残念ですね。
私の以前勤めておりました療育センターにも、様々な理由で親御さんの元で生活する事が難しいお子さんたちをお預かりする部所がありました。
お預かりしているお子さんたちの中には、親御さんとの縁が途絶えてしまっているお子さんもおりました。
私は違う部所で働いておりましたが、担当部所のスタッフと共にセンター全体でお子さんたちのことを大切に考えておりました。
先生の記事の中に、養護施設のスタッフとお子さんとのことがかかれており、先生のように感じてくださる方の存在は、保育士としてとても励まされる思いでした。
先生のブログにいつもいろんなことを感じ考えさせていただいております
ありがとうございました。
これからも先生のブログ楽しみにしております

つーちゃんママ  
No title

こんにちはつーちゃんママです 先生お疲れ様です 局が信念をもっているのなら続ければと思います 金八先生だっていろいろ批判はあったはずです 私達もいつまで頑張れるか?明日事故にあうかもしれません。つーちゃんもやはり施設に行くことになると思います 出産前から順風満帆にいく子育てなんて想像できないのでNICUには一緒に考えて下さる先生がいることやどうしても無理な時は預ける場所もあるよということをテレビを通じて知ったらいいのではと思います

あいな、ゆうなママ  
No title

豊島先生お疲れです。ブログの登場といつも温かいお言葉ありがとございます。病院にいくのが楽しみというのはもしかしたら変なのかもしれませんが、外来で先生の様に声をかけてくださったり、お世話になった看護師さんとの再会と二人の成長を一緒に喜んでくださるのが何より私たち四人の喜びであります。そういう場を作ってくださるこども医療の雰囲気はやはり素晴らしいです!
また、外来でめいちゃんママさんに声をかけてもらいました。先生ブログをつうじてこうやって他のママさんとお話にが出来る事は本当に嬉しいです。ありがとうございます。
めいちゃんまママさんが、「またブログを楽しみにしてます」といってくださり、すごく嬉しく温かい気持ちになりました。そんな時に先生とお会いでき、同じ日にめいちゃんと一緒のブログに載れたのも何か運命を感じてしまいました。ありがとございます!

きょうちゃん  
No title

 豊島先生、こんにちは。火曜日はお会いできて嬉しかったです(^O^)ブログに載せて下さりありがとうございます。ツリーの所で撮った先生と芽依の写真、ブログに記載してあったアドレスに送らせて頂きました。お陰様で、また素敵な出会いがありました。計測室で「あいなちゃん、ゆうなちゃん」と呼ばれたのを聞き、思わずママさんに話しかけてしまいました(^^ゞとっても可愛いあいなちゃん&ゆうなちゃんと優しいご両親にお会いできて嬉しかったです♪新生児科の担当が同じ柴崎先生ですし、ご縁を感じます。また外来でお会いできたら嬉しいです(^O^) 
 ドラマ、何かと話題になってますね~。私は一回目は見逃し、昨日の第二回目は途中から見ました。私の友達も児童養護施設で働いています。彼女はとても熱意があり、子供思いです。先生のおっしゃるように、事情があり親元を離れて施設で暮らしているにせよ、温かい職員のもとで穏やかに過ごしている子供もいますし、様々な角度から伝えてもらえると良いですね。
 色んな感染症が流行っています。夫も急性腸炎になり自宅療養中です。先生方もご自愛下さいね。

NICUサポートプロジェクト  
No title

川島さん、つーちゃんママさん、ドラマはみれていないのでコメントできないのですが、金八先生のように衝撃的な内容をとりあげても最後までみると救いがあるような、むしろみんなで考えるきっかけになるような内容になればいいですね。私の知る養護施設の皆様はみな素敵な人たちです。そういう人たちを応援、目指すような人たちが増えるきっかけになればと思います。

NICUサポートプロジェクト  
No title

あいな、ゆうなママさん、素敵なメッセージいつもありがとうございます。どんなサービスより、<声を掛け合える>という雰囲気になれば病院の雰囲気はよくなるのかなと思えています。だから、上記の言葉をすごく嬉しく感じました。このブログもそういうきっかけの1つに過ぎないのかなと思えていますが、ご縁が広がるきっかけになればと思います。また、お会いする日を楽しみにしています。

NICUサポートプロジェクト  
No title

きょうちゃんさん、お礼を伝えてくださりありがとうございます。こちらこそ、いつもありがとうございます。ご縁が広がるきっかけに慣れたら嬉しく感じます。お写真もありがとうございました。同じときに同じ場所にいること自体、ご縁が本来はたくさんある病院ですよね。お互いに応援し合える出会いやご縁になればいいですよね。また、外来でお話しできる日を楽しみにしています。永遠のゼロ、感想をお待ちしていますね。