鳥越俊太郎 医療の現場「日本の医療は今 ~医療キーワード2013~」(新生児医療研修)

一昨日の記事でも告知させていただいた
BS朝日の
という番組が今晩18時から放送されました。
告知活動にご協力下さった皆さま、ありがとうございました。
多くの方に、NICUを身近に感じて頂けるきっかけの1つになればと
思いました。
6日(日)の朝10時からも再放送がある予定です。

本日のテーマは
でした。上記をクリックすると番組HPに飛びます。

どんな感じだったかを少しだけ紹介すると

タイトルバックは当院が出ていました。
数ある医療の現場の中で、今回登場したのは地域医療とNICUでした。
NICUの特集というよりは日本の医療全体を考える上での
医療現場と捉えて下さって、再度取り上げて下さった番組スタッフの皆様に
感謝に感じました。


日本医師会会長の横倉先生がナビゲーター役でした。
産科・小児科医の不足、地域医療の充実、研修医などについて
御解説されていました。

番組で流して頂いたVTRは昨年2月の当院の
様子からスタートでした。


NICUに関する説明などがありました。
その後,ある晩の深夜の診療風景が流れました。

400g台でうまれたたいきくんの生後2日か3日だったと
思うのですが、その時に第11代目の短期研修医だった滋賀県から
きてくださっていた山本先生と一緒にエコーして状態が安定してきたのを
みんなで喜んでいた様子が流れていました。



その後は当時、国内留学できてくれていた
北海道(2名)、仙台(2名)、新潟、千葉、滋賀、千葉のメンバーの
診療の様子を流して下さいました。<熱意のある若手医師達>といわれて
いましたね。


そして、たいきくんと同じく400g台で生まれて、
最大限の様々な集中治療を受けていた当時の
ゆうきさんとご家族を鳥越さんが保育器の脇で
インタビューしたシーンが流れました。

そして、10ヶ月の時が流れて、今回の追加の放送でした。

NICUを卒業されているゆうきさんとご家族のご自宅の
様子です。前回は自分がテレビに映っていなかったことを
淋しがっていたというお兄ちゃんも含めて4名での姿に
良かったですねと思えました。

当時を振り返り、現在のお気持ちなどをインタビューにお答えになっていた
ゆうきさんご家族の言葉に当時を知るものとしてはお気持ちが伝わる
言葉でした。

ゆうきさんの現在の放送の次は10ヶ月たった
短期研修医の山本先生の現在が放送されました。

滋賀県北部にある長浜赤十字病院ですね。
私は滋賀県にいったことがないので指導医をさせていただいた
山本先生の地元の様子を興味深く拝見させて頂きました。

長浜赤十字病院のNICUの赤ちゃん、入院ご家族、医療スタッフの
皆様の様子が流れました。

現在は長浜赤十字病院のNICUの現場のリーダーになっている
山本先生の働く姿が放送され、そして、新生児医療は特別な
人が必要にする医療でなく、誰もが必要としうるかもしれない
医療であり、滋賀県北部の新生児医療を地域に住む人達のために
頑張って生きたいという気持ちのこもったVTRで終わりました。
大変素敵な言葉に感動しました。

当院に継続的に取材に来てくれているディレクターさんには
NICUを理解した上で取材・編集してくださり、今回も感謝を感じました。
ご覧の皆様、是非、ディレクターさんも読んで下さると思うので
ご意見ご感想などお寄せ下されば幸いです。

これでVTRは終了でした。当初の想定では神奈川こどもNICUの
10ヶ月後も放送される予定でした。

そのコンセプトで第15代目になる短期研修医の大阪から来て下さっている
稲富先生と昨年に引き続き、がんばって下さっている仙台からきてくれている
渡邊先生とたいきくんやゆうきさんと同様の体重で生まれて、頑張っている
はやとくんとはやとくんのママさんの取材、
今年のNICUを守ってくれている医師・看護師の新メンバーなどの撮影
があったのですが、残念ながら
まったく放送されませんでしたね。

メンバーは替われど、昨年と同じような時間が過ぎている
神奈川こどもNICUということなのかなと思いました。
時間に限りがあるのでこういうことはテレビ取材
では仕方のないことなんだと思うのですが、これは大変残念でした。

下記のような様子でした。

はやとくんご家族や稲富先生には、またの機会があったら
その時、また、一緒に出て下さればと願っています。



さらに時間があれば、ゆうきさんだけでなく、あの時生まれたばかりだった
たいきくんが上記のような姿に成長し、そして今はNICU卒業していること
なども多くの人に伝えられたらとも思いました。


私が神奈川県職員事業制度として公務員の1人として政策提案
させて頂き、松沢神奈川県前知事に採択して頂いた

について鳥越さんと横倉会長で大変いいアイデアだったと思うと
コメントして下さったことが嬉しく感じていました。
上記の下線タイトルをクリックすると当初の読売新聞の記事に飛びます。

この研修制度の
2009年のネオネイタルケアでの
2010年の月間宝島の特集記事
は上記下線をクリックするとPDFファイル見れます。

そして、この制度を活用して短期研修医になって下さった皆さま方の
は上記の下線タイトルをクリックするとこのブログでの記事に飛びます。

今回の放送を見ても、改めて
本年もどんどん山本先生の様な先生の研修のお手伝いを
していきたいと思いました。
全国どこからでも自薦他薦問わず、
新生児医療の修行を積みたいやる気のある
研修医の皆様と出会えたらと思えた放送でした。

「医療の現場」スタッフの皆様には、また、機会がありましたら
新生児医療、小児医療に関する続々続編を期待しております。
この度はありがとうございました。

明日も再放送ありますので、是非、多くの方にご覧頂いたり
ご周囲にご紹介頂ければ幸いです。NICUを問わず、医療全体を
伝える年頭の番組と思います。

皆様、ご意見ご感想いかがでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);background-color:initial;color:rgb(0, 204, 204);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;" target="_blank">


●読売巨人の村田さんがNICU入院御家族の皆様と一緒に執筆したNICU応援本です。
下記のタイトルをクリックしてくださるとアマゾンに飛び購入可能です。 
                                           


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 14

There are no comments yet.
☆  
No title

豊島先生はじめまして(^^)
いつもブログを読ませていただいています。
去年、主治医の先生が私が超未熟児だった事もあり、「がんばれ!!小さき生命たちよ~村田修一選手と閏哉くんとの41ヶ月」の本を紹介して下さり読ませて頂きました(^-^)
この本を紹介頂く前にも通院先のNICUに見学させて頂いていました。
主治医の先生にNICUのお話をお伺いしていく中で私もNICUの看護師になりたいと思いました。
豊島先生これからもお身体に気をつけてお仕事がんばって下さい。

悠真母  
No title

リアルタイムで観ました
ゆうきさんのパパの言葉に感動し、涙が溢れてきました家族4人の素敵な笑顔は今頑張っているNICUのご家族の励みになったと思います。
そして何よりも山本先生感動しました
私は山本先生の話し方がとっても好きなんです言葉を大切に分かりやすく、そして丁寧に話してくださったこと忘れていません
滋賀県のこどものために考えている姿に頭が下がります。
なんかとってもお体が引き締まったように感じたのは気のせいでしょうか
滋賀は雪が積もっていましたね
銀色プーマは健在でしょうか。まだまだ寒いですがお体に気を付けてお過ごしください。

つーちゃんママ  
No title

こんばんはつーちゃんママです 先生お疲れ様です 番組見たかったのですが電波を受信できず残念です 年末からの1週間があまりにも早くて頭がついていけてません つーちゃんは初めて親戚の皆様にお会いしました 人数が多くてびっくりしていました

航ちゃんママ  
No title

録画しながらリアルタイムでも見ました。優希ちゃん、たいちゃんの小さかった時の姿を見て、当時の事を思い出し、涙してしまいました。
そして今の優希ちゃんとお兄ちゃんの笑顔に癒されました。
真平チルドレンの一人としては、真平先生が全く映らなかったのがとても残念です(T-T)

花音  
No title

初めまして、うちの息子と娘は共にNICUに数か月お世話になりました。
私の先天性疾患の為、息子29w1225g、娘31w1348gでした。
未熟児網膜症、脳性まひ、知的障害の疑いを乗り越えて今では20歳の大学生と17歳の高校生になっております。
バイトと部活に忙しい毎日で家にほとんどいません。
身長は平均くらいありますが体重は平均よりかなり軽く線が細い感じです。
今は将来が不安、将来が想像できないかもしれませんが、毎日の積み重ねでこんなに大きくなる可能性があります。
あきらめずに頑張ってほしいです。
私も数えきれないほど泣いて何度もくじけそうになりましたが、子供の生命力・可能性を信じてあきらめなくてよかったなと思います。
突然のコメント失礼いたしました。

aka*ea*a3*  
No title

こんにちわ。以前に一度コメントさせて頂いたことのある北海道のチョコです。息子は8月に超低体重児で産まれ、今もnicuでお世話になっています。時間はかかりますが、1600gまで大きくなってきました。肺高血圧症の為、今でも油断はできませんが、小さな体で頑張っている姿を見る中で、こちらの方がいつも励まされています。
番組拝見させていただきました。nicuをご卒業されたお子さんのその後の様子や両親の言葉、特にとても励まされました。私達も同じように前に進んでいければと思いました。ありがとうございました。

ゆうき父  
No title

優希の父です。
放送を見て、山本先生の気持ちのこもったお話に大変感動しました。
全ての病院に環境を整えるのはとても大変なことかと思いますが、少しでも良い環境に改善されていけば、山本先生の仰ることが実現される未来もあると信じておりますし、私自身も心から願う想いです。
また、皆様のコメントにパワーをいただきました。
本当にありがとうございます。

NICUサポートプロジェクト  
No title

☆さん,素敵なメッセージ,嬉しく感じました。担当医の先生にも御礼をお伝えください。是非,NICUのスタッフになってください(^o^)。NICU卒業生がNICUで働いている姿は何よりの未来の患者さんのご家族の希望になると思います(^o^) では,今後ともメッセージお寄せくださることを楽しみにしています。

NICUサポートプロジェクト  
No title

花音さん,大変嬉しく感じました。こういうNICU卒業生の方からのメッセージは今頑張っている人達の希望になると思います。多くの方からお寄せいただければと思います。NICUは命を救うという声を越えて,目指すべきはNICUにいる子ども達が笑って生きていってくれるか?なのかなとNICUや外来で感じています。お元気そうなお子さん達の話し,励まされます。今後ともメッセージお待ちしています。

NICUサポートプロジェクト  
No title

チョコさん,北海道はもうすぐ雪祭りでしょうかね。一度いったことがあります。素敵な北海道の冬ですよね。お子さん,1600Gということは2倍くらいになっているということでしょうかね。大きくなりましたね。引き続きの成長を願っています。メッセージ嬉しく感じました。今後ともお気軽にお寄せくだされば幸いです。

たっくんパパ  
No title

残念ながら、うちはBSが入らないので見れなかったのですが、ゆうきちゃんファミリーの様子を見て嬉しく感じました。お兄ちゃんの喜ぶ姿が印象的でしたし、パパさんやママさんのコメントからも幸せに感じている様子が伝わってきました。本当に良かったですね。
そして、ゆうきちゃんやたいきくんの成長した姿が、はやとくんの目標とする姿にも見えました。うちもそうです。豊島先生もいつも言っていますが、NICUを退院する日はいずれ順番でやって来ると思いますので、こどもの成長の力を信じ、今はその日を待つことにします。
…出来れば、BSではなく、このようなテレビは地上波でも放送してほしいですね。

山本 正仁  
No title

>修矢の母様
ご無沙汰しております。
そう言って頂ければ幸いです。
銀色プーマは健在ですよ。横浜で買った服は、銀色プーマと、赤いズボンです。あの頃の上げ上げ♂なモチベーションを象徴しているようです。
滋賀県というか、長浜は雪が積もるのです。長靴通勤もたまにします。南の大津では、ほとんど雪は降りませんよ。横浜と同じくらいです。
今後も、お体に気をつけてがんばってください。そして、大きくなった修矢くんに琵琶湖を見せに来てあげてください。

山本 正仁  
No title

>ゆうき父さん
ご無沙汰しております。
豊島先生にも、長浜赤十字の皆様にも「マスクを取って話したら良かったのに・・・」と言われ、しょげているところです。一応、当院NICUの規則なのでマスクを付けたままだったのですが。
今回の放送で僕にとってもっともうれしかったのは、ゆうきさんの家庭での様子が出たことでした。僕も外来で、多くのNICU卒業生を診ますが、やはり「外来に連れてこられた子」を診ているのと、「家庭で家族に囲まれてリラックスしている子」は、全然違います!
ゆうきさんは、もうすぐ酸素も要らなくなるそうですね。本当にうれしいです。
また野球観戦があればお会いできるかもしれませんね。よろしくお願いします。

はやとママ  
No title

豊島先生、いつもお疲れ様です。
医療の現場の放送拝見しました。
ゆうきさんの姿にはやとを重ねて生まれた時を思い出し近い未来への希望にもなりました。
山本先生がお話ししているように周産期、新生児医療は誰にでも必要な可能性かがある医療で20年後自分や友人の子供たちにも関係する問題だと思いました。
私が毎日笑顔で面会に行けるのは信頼できる先生方、明るく元気な看護師さん、にこやかに挨拶してくれるスタッフの皆さんのおかげです。
医師、看護師不足といわれていますが皆さんがより働きやすい環境になることを願います。
今は取材やブログに協力するくらしかできていませんが何かありましたらお手伝いさせてください。