NICU留学記(石川から横浜) 


というNICUで働く医師・看護師向けの月刊誌の中の
連載コーナーです。人手不足の中、それでもNICUで働く医師になりたい
という若者達の想いや修行の様子を知って頂ければと考えて添付しました。


神奈川県職員の政策提案事業として実行させて
頂いている新生児医療短期研修制度です。

また、他県から見た神奈川県・首都圏の周産期医療の現状の知っていただけれ
ばと思って3ヶ月毎に紹介させてもらっています。

に続き、今回は第11弾の<石川からの留学編>です。昨年の今頃、

研修して下さっていた石川県立中央病院のNICUの中田先生の留学

記です。


過去も留学記は

上記の地名をクリックすると読めますのでご覧頂ければ幸いです。


昨日の石川県立中央病院のご訪問でも再会しましたが、現在は金沢で生まれる
赤ちゃん達を守るべく頑張っている中田先生ですね。




自分で考える<姿勢>とよりよい診療を目指そうという<信念>を
感じる一緒に働けて嬉しく感じた後輩の1人です。
離れていても一緒に頑張っていけたらと思える後輩世代の
新生児科医ですね。

中田先生の留学記3回は以下です。ご意見ご感想頂ければ幸いです。







4月以降の短期研修医も、募集中です。
長期研修医も増員が決まったので改めて募集中です。
下記、ご覧頂ければ幸いです。





関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 1

There are no comments yet.
カエル  
No title

お疲れ様です。


旦那と母に『中田先生載っとるよ~』と興奮しみんなで記事を読みました。

画像の部分は携帯なんで読めませんでしたが…

短期であっても勤める病院とは違う場所で研修をすると言うのは研修する人も研修場にもいい事がありますよね。
今は専業主婦をしていますが介護福祉士として働いていた時、他施設での研修は大変勉強になりました。
NICUに1ヶ月通い自分が現場に戻った時、看護師さん達みたいに家族にも寄り添った介護をして行きたい。と思いました。


寒さが厳しくなって来ました。金沢は雪です。
お忙しいと思いますがお体には気をつけて下さいね。