ピンクのパーティション


病棟にピンクの新品のパーティション<間仕切り>がたくさん購入された
最近の新生児集中治療室(NICU)です。このパーティションは
昨年、NICUで家族の時間を過ごした世楽ちゃん御家族が、
何かを寄付したいと考えて、当時のママ友にアンケート調査を
してくださり、希望をまとめてくださり、それを参考に看護係長
さん達が選んでくれたものです。寄付で頂いた物です。


オープンなスペースが多いNICUの中で
子ども達の入浴などの敷居に使われてたり、


ベットサイドでの兄姉面会、搾乳などの
<ベットサイドのお部屋化>に有効活用されている
最近と感じます。

寄付してくださった人にはどういう風に使われているのかを
お伝えするのが大切と感じているので掲載させて頂きます。

本日はオレンジクラブのボランティア説明会

そこに<せらちゃん>ママがいらっしゃっていました。
お話し出来て、伝説の日比谷公会堂のたけし軍団コンサートに
いっていたなど、同世代ならではのお話しが出来て
嬉しく感じました。大変、色々気づきを頂けた励ましを
感じた再会でした。ありがとうございました。

せらちゃんは出生前診断の後、10月に当院でお誕生し、
約3週間のNICU生活を経て在宅医療に移行。
173日のご生涯を精一杯生き抜いたと思える女の子でした。

NICU卒業写真をママ友やスタッフと撮影して在宅医療に
旅立つお姿は以下のブログでご紹介させて頂きました。

本日は世楽さんママとパパから先日頂いていたお手紙を
ご承諾の上で掲載させて頂きます。ピンクのパーティションに
こもった想いや願いを多くの人に伝えたいと感じてです。
以下がせらちゃん御家族からのお手紙と御写真です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


世楽ちゃんがお空に帰ってから早くも5ヶ月が過ぎました。
担当医でないにも関わらず、いつも気にかけて下さったこと
最後の入院中には愛に来て下さったこと、そして何よりも
ブログでずっと応援して下さったお陰で同じ想いを共有出来る
NICUで頑張った親子のみなさんと仲間になり、辛い時期を乗り
越えることが出来ました。


「かけがえのない家族の空間」を素敵な写真と愛情あふれる文章で形に残して下さり
感謝の気持ちでいっぱいです。
ブログで紹介して頂いたお陰で他のご家族から声をかけていただくようになり、
今もママ友として支えあう心強い仲間に出会えました。

どなたとも交流が無いまま卒業していたら、在宅での日々は全く違ったものになったことでしょう。

面識のなかった方が娘のことを気にかけて下さり、
たまたま私の友人の知り合いということでお気遣いのメールを下さった
方が2名いたりとブログには心から感謝しています。
娘がお空に帰るのを見送った際、友人や親戚に娘のことや病気のことを
しってもらいたくて生い立ちを書いたのですが、紹介して頂いた最後
のブログもコピーして一緒に配布させて頂きました。

私達家族3名のかけがえのない空間と時間をカメラに収め、そして、
温かい言葉で現状を伝えようとして下さった内容は宝物です。

昨年お孫さんがNICUでお世話になった方と偶然お話する機会がありました。
NICUでの毎日は感謝の言葉しか
なかったこと、先生に書いていただいたページを大切にしていること、
今も感謝して先生のブログを読んでいる
ことを聞いて嬉しかったです。

毎日、ブログを更新することは大変な労力と思いますが、どれだけの子供
達、親達がブログを通じて救われていることでしょう。

これからも一人でも多くのご家族がブログを
通じて励まされることを願っています。


私達は周りの方々に支えられ、元気に過ごしています。
日々新しいことを学び、前に進んでいます。

娘との経験を生かすべく、限られた時間でも、重篤な障害があっても
楽しく子育てが出来ることを伝えられたらと考えています。
9月11日のオレンジクラブのボランティア研修に参加できそうです。
こども医療センターでお役に立てることがあれば是非、お手伝いさせて
頂ければと願っています。

18トリソミーの告知を受けて、絶望を感じている方がいらっしゃったら
お話し相手になれたらと思っています。

いのちの授業もいつか同席させて頂けたらと思います。母校の女学校で
実施して頂けたら嬉しいです。

長くなりましたが、NICUのスタッフの皆さまの健康をお祈りしています。
感謝を込めて。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
せらちゃんのパパとママからでした。ご意見ご感想いかがでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);background-color:initial;color:rgb(0, 204, 204);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;" target="_blank">
http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);background-color:initial;color:rgb(0, 204, 204);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);background-color:initial;color:rgb(0, 204, 204);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);background-color:initial;color:rgb(0, 204, 204);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);background-color:initial;color:rgb(0, 204, 204);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);background-color:initial;color:rgb(0, 204, 204);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);background-color:initial;color:rgb(0, 204, 204);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
http://i.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);background-color:initial;color:rgb(0, 204, 204);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
がんばれ!!小さき生命たちよ―村田修一選手と閏哉くんとの41ヵ月http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=ktoyoshi08-22&l=as2&o=9&a=4904345134 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 9

There are no comments yet.
にゃおす  
No title

せらちゃんママさんのお考えとても素敵だと思います(*^^*)ママさんの活動によって救われる人はたくさんいると思います!!頑張って下さい( ´∀`)きっとせらちゃんも応援しています。

たいき母  
No title

こんばんは。
新しくなったパーテーションにはそんな深い想いがあったんですね。私とたいきは現在、NICUでせらちゃんパーテーションのお世話になっています。入れ代わる少し前までは数に限りがあったので、決まった授乳時間になっても順番待ちでした。待つ間にお腹が空いて大泣きすると呼吸が苦しくてなかなかオッパイを飲む量が増えませんでした。せらちゃんパーテーションが来てからは数が充実し、泣き出す前にスムースに授乳準備をできるようになり、本当に有り難く感じていました。今回、背景を知り、涙が出ました。これからはブログを通して知る事ができたせらちゃんや、せらちゃんのパパさんママさんの想いを感じて使わせていただきます。どうもありがとうございます。

せら母  
No title

豊島先生、お忙しい中お時間を頂戴し有難うございました。
パーテーションのことはお聞きするまで全く知らなかったので、このように目にすることが出来、本当に嬉しく思います。娘の身の回りにはピンク色のものばかりだったので、お揃いのピンク色に大喜びです。
NICUでは娘だけでなく、私自身も新米ママとして育てて頂きました。豊島先生には家族の大切な空間を見守って頂き、励ましのお言葉と共に写真に残して下さいました。
これからもNICUで頑張っているお子さん達、ご家族の方々をブログを通じて応援させてください。

たっくんパパ  
No title

お風呂の時に、敷居としてピンクパーティションを使わせていただいている太晴(たっくん)の父です。大きなパーティションで、移動する度に大きな動きがあるので、その動きを楽しんでいる太晴です。
せらママさんが、オレンジクラブの研修に参加されること、うちのママから聞きました。せらちゃんがNICUに入院中、太晴のお隣さんの時もあって、ママさんとパパさん、そしてせらちゃんの様子を太晴はいつも見ていましたね。パパさんから貰ったポルシェのミニカーでも遊びました。その当時から、うちも家族ぐるみでお付き合いさせていただいています。せらちゃんがNICUでも在宅になった後も一生懸命頑張っていたこと、ママさんもパパさんも大好きなせらちゃんと過ごした日々、それを知っているので、せらちゃんがお空に旅立ったとき、その悲しみが痛いほど感じられて、今でも思い出すことが出来ます。今回のパーティションの寄贈、オレンジクラブの研修参加は本当に嬉しく思いますし、とても心強い味方が出来たと感じています。そして、せらママさんの経験を生かして、たくさんの家族の味方になってください。心より応援しています。

たっくんパパ  
No title

(続きです)
最後に、せらママさんと同様に、自分もこのブログに救われている家族です。自分の勝手な目標ですが、太晴がNICUを退院した後も、時々ブログに登場して、太晴の日々の様子を執筆させていただくことです。どうかその日まで、豊島先生の無理のない範囲で、続けて欲しいと思いますし、必要であれば、声をかけていただければと思います。

航ちゃんママ  
No title

私もパテーションをありがたく使わせていただいている1人です。今までは数が足りず、授乳の時間になると争奪戦?が繰り広げられていて、もっと欲しいなぁっていつも思っていました。
新しいパテーションのおかげでとっても授乳が楽になり、パテーションに貼ってある「〇〇世楽様より寄贈」の文字が気になっていました。パテーションを寄贈してくださるなんて、卒業生に違いないと思っていましたが、この記事で世楽ちゃん、パパさんママさんの思いを知ることができて、嬉しく思ったと同時に感動しました。
これからもパテーションをありがたく使わせていただき、その度に世楽ちゃんに感謝したいと思います。
ありがとうございます。

ottimo  
No title

せら叔母です。今回、せらちゃんや家族の想いがパーテーションという形になったとのこと、私もとても嬉しく思います。NICUで過ごされるみなさんに利用して頂けるのはとても嬉しいです。ありがとうございます。
最近思うことの一つとして、「知らない怖さ」ということがあります。知識なく、あちこちにあふれている情報に踊らされ間違った判断をすることです。NICUに関しても豊島先生のブログを通じて、たくさんの大切な事を教えて頂いております。まだまだ私の知識は少ないですが、まずは「知る」第一歩として、このブログを多くの人にお伝えしています。お忙しい中、毎日発信されることはとても大変な事とは思いますが、これからもブログを通じて、多くの現実を教えて頂きたいと思います。
豊島先生、スタッフの皆様、NICUに関わって頑張っているご家族の皆様を心より応援しております。

NICUサポートプロジェクト  
No title

にゃおすさん,たいき母さん,たっくんパパさん,航ちゃんママさん,せらちゃんママへの御礼メッセージありがとうございます。寄付は医療者に寄付しているわけでもなく,未来に自分と同じような想いを抱くご家族達へのエールなのかなと思います。寄付にはどんな想いがこもっているかを伝え,その寄付がどういう形で医療に役立っているのかを寄付してくださった人に伝えたいと思います。こういうことを続けていくことが<お金がない>を理由にしないで,よりよい医療を諦めずに県立病院がしていくためには必要かなと思っています。

NICUサポートプロジェクト  
No title

せら母さん,せら叔母さん,たっくんパパさん,ブログへのエールありがとうございます。やめたほうがいいのかなと思えていた数日だったので,せらちゃんママにはこのブログで救われたというメッセージを上記のようにお伝え頂いたことはこちらこそ心が救われました。せら叔母様,たっくんパパのメッセージも続ける意義を感じさせて頂けます。医療者の中でも<ブログの存在>は認めたくない人達がいるのも仕方ないのかなと思っています。それでも,<ブログで心が救われているという患者さんご家族の存在>,<ブログを通じて様々な支援を申し出てくださる人達がいること>には心を寄せて欲しいなと思えます。慣習に囚われず,医療者もその気持ちの背景をみつめることがNICUのご家族との支え合いにつながるのではないかと思ったりしています。前例がないからけしからんではなく,青野さんのように,前例がないからこそ,<ないほうがいい>とするのでなく,<よりよい方法にしていく>という気持ち,傍観だけでなく,一緒に考えて行動してくださる人達が増えていくことを願う気持ちの最近です。せら母様,せら叔母様,たっくんパパ,今後とも宜しくお願いいたします。