頑張っている患者さんとご家族が会えなくなる切なさ。。。に心寄せたい

0
週末のNICUと新生児病棟です。いつも通り交代で診療しているNICUと新生児病棟です。ゆめちゃんをあやしているパパさんと言葉を交わしながら自分は心エコーなどを後輩世代の先生方としていました。上記は左房の容積やEF、ストレインを半自動解析している図です。この検査は始めてから506回目のエコーです。今年度はたくさん心エコーをしているのを実感します。後輩世代の先生方に所見や助言を告げさせていただきました。休日の閑散...

「いのちを全うしたと思える」と想いに心寄せていたい。。。

0
朝のNICUカンファレンス。NICU看護師から地域連携看護師を今は担当している看護師さんから在宅医療をしているご家族がお家で天に還られたこと、訪問看護師さんたちにその日の様子を伝えてもらい、ご家族は「命を全うしたと思える」と話していたとスタッフに伝えてくれていました。その言葉は・NICU命の授業: 小さな命を守る最前線の現場から にも在宅医療のお写真が掲載されていたゆめちゃんご家族でした。1週間前に救急外来...

下風先生の 「Acute respiratory effect of transpyloric feeding for respiratory exacerbation in preterm infants」 がJ Perinat Med に掲載

0
神奈川県立こども医療センター新生児科フェイスブックページに日々の勉強会や講演会のまとめをしてくれている下風先生。フェイスブックページにご自身の英語論文の掲載を報告してくれています。私(下風)の論文がJournal of Perinatal...神奈川県立こども医療センター新生児科勉強会さんの投稿 2020年11月23日月曜日Shimokaze T, Yamamoto K, Miyamoto Y, Toyoshima K, Katsumata K, Saito T. Acute respiratory effect of t...

気管切開しているNICU卒業ご家族の生活に心寄せられるNICU・新生児病棟を目指せたら。。。

4
神奈川こども新生児科はIT関連企業などに外注することなく、神奈川こどもNICU 早産児の育児応援サイト自分達の診療や研究用のホームページなどを開設、更新しています。神奈川県立こども医療センター クリスマスウィッシュリスト2019の報告クリスマスウィッシュリストもランディングページも新生児科が経営企画課と共同で新生児科で作成しています。日本の企業や公的機関は組織内に<ITに強い人財>を配置することが少な...

500gと600gで生まれた双子の姉妹の7年先の未来:「NICU命の授業: 小さな命を守る最前線の現場から」が2度目の重版出来決定

0
・NICU命の授業: 小さな命を守る最前線の現場から 8月に出版した上記の本、発売1ヶ月後に売り切れで重版出来となりました。現在、2度目のインターネット書店をはじめとした多くの書店での在庫切れになり、出版3ヶ月目で2度目の重版出来とのことです。登場してくださった皆様、お読みいただいた皆様、応援してくださった皆様、それぞれに感謝です。本の中で昨年のNICU卒業生のフォローアップ外来の写真がこのブログから採...

第56回日本・周産期新生児医学会・学術集会の論文賞受賞講演:「在胎 23-25 週の児の発達予後と就学状況」のご案内

3
11月28日から12月11日に第56回日本周産期・新生児医学会学術集会がオンデマンド配信で開催です。そして、野口聡子先生が「在胎 23-25 週の児の発達予後と就学状況」で今年度の日本周産期・新生児医学会の論文賞受賞で受賞講演があります。多職種でNICU卒業生のフォローアップをしている当院で、2000年代のNICU卒業生の小学校に入ってからの状況、悩みなどをまとめてくれた論文です。現状や悩みをご家族と共有しつつ、ご家族が積み...

「我慢の3連休」に医療者として、患者として、患者家族として感じたこと。。。

0
Go to キャンペーン?、我慢の3連休?賑わいを感じる横浜みなとみらいから車で20分のところにあるこども医療センターです。外来フロアは休日の静けさですが、NICUや新生児病棟は休診にできないのでいつも通り、みんなで交代で働いています。それぞれが自分のできることをしようと患者さんやご家族に心寄せているのを感じました。自分も自分ができることを積み重ねていようと思えていました。窓際で光線療法している赤ちゃん、窓は...

発売から1ヶ月半で重版出来決定に感謝:新生児の心エコー入門: 超音波検査にもとづくNICU循環管理のススメ

0
昼間は産院で相談になりそうなご家族のために立ち会い分娩、迎え搬送に向かう新生児科です。生まれた後に搬送するよりはなるべく母体搬送で生まれた直後からご家族と引き離さずにかつ集中治療を始めたいと私たちです。先週のNICU、夜も新生児科・麻酔科・外科の先生と協力して赤ちゃんの診療をしています。診療・検査の後、NICUに立ち寄ってくれた検査技師さんです。この週にとった3次元エコーの画像分析を一緒にしてくれています...

2分の1成人式の写真とお手紙:10年間続けてきた意味。。。

0
先週のNICU卒業生のフォローアップ外来に来てくれていたのは超低出生体重児だったゆうしくん。以下にNICU卒業の日の写真が残っていますね。NICUの最後の夜、家族で過ごす最初の夜(2017年)毎夜毎夜とからだとこころを見守りたいNICUフォローアップ外来とゆうしくんとNICUや新生児病棟で一緒に過ごしてご家族の3年先の未来が今です。しっかりご挨拶して診察室を去る姿に感動しました。自分、早産の影響があったかなかったかは少なく...

超低出生体重児の学習支援:頑張らせ過ぎず、楽しみながら頑張れる方法を探したい。。。

0
先週のNICUです。新しい場所に欠員だった医師も補充されつつあり、院内外からの研修希望の若手が増えてきて感謝の日々です。ジュニアレジデント(小児科後期研修医)から新生児科医になってくれた稲垣先生がジュニアレジデント3年目でサイドのNICU研修にきてくれた福田先生を指導している姿を感慨深く思えています。国内留学医だけでなく、院内から新生児科志望の医師が増えて半々くらいにして切磋琢磨する環境を作りたいと思えて...